【最新版】料理教室を初心者の男性が選ぶためのポイント

おもてなし雑穀料理で未来を変え未来食セミナー講師、雑穀ベジグルメサロンHappy Kitchen代表つぶつぶマザーはつこです。

最近は男性が料理することも珍しくなくなってきました。料理は女性のするもの、というイメージもありますが、世界で活躍しているシェフの多くは男性です。また料理とはとっても科学的なので実は男性にとっても向いているんです。だから、今男性が料理するようになってきたのも必然の流れな感じがします。そこで今日は料理教室を初心者の男性が選ぶためのポイントの最新版をお伝えします。

初心者の男性が料理教室に参加する目的

%e7%94%b7%e6%80%a7%e6%96%99%e7%90%86

初心者の男性が料理教室に参加しようと思うキッカケはいくつかあると思います。自炊するにあったって必要に迫られて、という方もいらっしゃるかもしれませんし、食べることが好きで趣味の延長線上でという方もいらっしゃるかもしれません。いづれにせよ、料理教室に参加する大きな目的は「料理が上手になる」ことです。いくら、健康のため、痩せるため、などどいう目的があったとしても、まずは料理が上手に作れるようにならなければ意味がありません。

いづれにしても、初心者の男性がこれらの目的を達成するために料理教室に通うのであれば、少なくても3回は通うことをオススメします。そこで、続けて通いたくなるような料理教室を上手に選ぶ必要があります。そこで、料理教室を初心者の男性が選ぶためのポイントをわかりやすくまとめてみましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

初心者男性向けの料理教室スタイル

デモンストレーションスタイル

初心者さんにはやっぱり実習型よりもデモンストレーションタイプがオススメです。知らない人や講師の前で包丁を持って切ったり、料理をするのは男性でなくても、初心者さんなら緊張してしまいます。またそもそも料理が苦手で料理教室に参加しているのであれば、それを強要されること自体が苦痛になってしまいます。人と比べて自分のできなさにがっかりしたり、人に料理をするところをみられること自体普段の生活ではないことなので、緊張して思ったようにいかなくてイライラしたり、と初心者さんクラスで実習スタイルを取ることはデメリットがいっぱりあります。

講師が野菜の切り方から料理の作り方まで、デモンストレーションしてくれる、実習をともなわない料理教室の方が初心者さんには安心です。かといって、何もしないのでは料理教室に参加した感じがしないので、盛り付けなどちょっとしたやることがあるのはいいですね。

Happy Kitchenでは、特に初心者向けのクラスはデモンストレーション中心で、ご希望の方のみちょっと丸める作業だったり、盛り付けなどにご協力いただいています。

デモンストレーションのメリットは、参加者の緊張を和らげること以上に、完成系を食べていただけるという点にあります。実習の多いクラスだと、実際に試食するのは講師の作ったものでなく、生徒さんが作ったものになります。そうすると、いくら最後に講師が味見をしたとしても、本当に目指している味と同じとは言い難くなります。材料の切り方、包丁の使い方、火加減、調味料の計り方、木べら使いなど、ちょっとしたことで味の違いが生じます。ですから調理過程に生徒さんの手が介在したものが入ると、講師が最初から作るものと味が異なってしまうことになります。実習があるクラスだと、結局料理教室に来て作り方はわかったけど、完成系の味がわかならなままになってしまい、料理教室に参加した意味が半減してしまいます。レシピと作り方はわかったけれども、完成系の味がわからず、レシピ迷子になってしまいかねません。

完成系の味をきちんと覚えること。これが料理上達の秘訣です。ゴールが定まっていれば、そこに到達するための微調整をすることができます。しかし、ゴールが曖昧だと結局料理の味も曖昧になってしまい、何回作っても美味しくできなくなります。講師がデモンストレーションで作ったものを試食で食べること、これは料理上達のためにはとっても重要なポイントです。なので、安易に実習が多い料理教室は、特に初心者さんは避けたほうがいいですよ。

少人数制

少人数制の方が質問も気軽にでき、また講師の目が届くので、初心者さんにはオススメです。そもそも私は料理教室はレシピを集める場所であるとは考えていません。レシピはいくら集めても切りがありませんし、レシピだけを集めるのあれば本やネットでいくらでもゲットすることができます。ネットや本でレシピを入手するのではなく、料理教室に通うメリットは、料理の基本が学べるということです。

料理の切り方、混ぜ方、炒め方などは本などを見てもなかなか習得できません。本には全ての調理過程を説明することはできません。またネットの映像であれば全行程を見ることができますが、香りや温度を伝えることはできません。香りや温度なども料理を作るには重要な要素となります。実際に生で講師が料理をしているところをみて、実際に自分で作ってみて初めて習得することができます。これらの基本技を取得するのが料理教室なのです。

Happy Kitchenでは、料理を美味しく作るとはどういうことなのか、という視点に立って、野菜の切り方から、炒め方などを丁寧にお伝えします。だから初心者向けのクラスは使う材料が少ないレシピを選んだり、1回に教えるレシピをひとつに絞っています。1回のクラスでたくさんのレシピを習える方がお得にも思えますが、結局レシピを集めても上手に作れなければ意味がありません。レシピをひとつに絞ることで、その料理の基本をきちんと伝え、美味しく作れるようになると、その基本の技を応用して最終的には作れる料理の数も増えていきます。

広く浅くより、ひとつを深く学ぶ、それが最終的にはたくさん美味しい料理を作れるようになる近道です。その意味でも4〜10名ほどの少人数制が初心者さんにはオススメです。

初心者男性向けの料理教室メニュー

最初から難しいものにチャレンジしたい、という気持ちはわかりますが、やはり最初は簡単なものからマスターすることをオススメします。そしてメニューはやはり自分が好きなメニューというのが基本です。自分が好きなもので、簡単なものでなければ、家に帰ってすぐ料理したいう気持ちになかなかなれないからです。ただし、彼女にプレゼントするためのスウィーツというような特別な目的がある場合はその限りではないでしょう。

また繰り返し使えるメニューを選びましょう。どんなにシンプルな料理で自分が食べたいと思ったメニューでも、一年に一回しか作らないような料理を最初に習うのはもったいないです。それよりも、日々の食卓に活かせるような料理を学び、回数を多く作ることで、料理の腕を上げていけば、自然と凝った料理も作れるようになります。複雑な料理も紐解けば、シンプルな基本技の集積というだけですから。

そして、できれば応用力、活用方法のあるレシピが良いと思います。一回作っても、それがいろいろと展開できると料理が楽になるし、楽しくなります。そのためも、シンプルなメニュー選びが大切です。

特に男性向けというならば、味がしっかりして、油もきちんと使うような料理がオススメです。そんな点でHappy Ktichenで伝えている「未来食つぶつぶ」は味もしっかり濃くて、油もいい油を適量使っているので男性にも喜んでいただけるメニューがたくさんありますよ。

初心者男性向けの料理教室教え方

%e7%94%b7%e5%a5%b3%e6%96%99%e7%90%86

初心者さん、特に男性にオススメの教え方は、ただデモンストレーションで作り方を見せればいいというものではありません。料理は科学です。なので全ての工程に理由があります。その理由もわからずに、レシピ学ぶのでは頭の奥深くには入ってきません。そしてその理由を知ることが料理の腕をあげ、さらに作っていくうちにどんどん応用力が身についてきます。特に男性は、感覚的にこのぐらい炒める、というよりは、もっと具体的にどのような状態になったら、またなぜそうするのか、という論理的に料理を学ぶことで、どんどん料理の腕が上達します。なので、そんな料理の裏にある理由まで伝えている料理教室が男性にはオススメです。

私は以前自分の感覚だけで料理をしていました。美味しいものを食べ歩き、自分では舌が肥えていると思っていたので、自分の味覚と五感を信じて料理をしていました。レシピを見ても、参考程度。いつも自分流の作り方をしていました。しかし、ある時限界を感じました。それは、いつもレシピ通りに作らず自己流で料理するということは、自分の価値観の範囲内でいつも料理していることになり、発展性に薄いと気づいたからです。

他人の生み出したレシピをその通り作ることによって、自分にはない味の出し方、感覚を取り入れることができます。そしてそれが自分の料理の幅を生みます。私は食べることが大好きで、レシピを見れば大体作れるし、外で食べた味を再現することもできたので、料理教室に通おうと思ったことがありませんでした。でも、未来食つぶつぶに出会い、レシピ通り作ってみるようになった時に、自分がなんて思い込みで料理をしていたかわかりました。

玉ねぎはよく炒めないといけない、青菜はさっと茹でた方が美味しい、など、その根拠も深く考えずに思い込んで料理をしていました。でも、玉ねぎをよく炒めなくてもいい場面はたくさんあります。逆に玉ねぎをよく炒める理由を知れば、炒めなくてもいい場合がわかります。青菜も長い時間茹でてみて初めて、本当に美味しいゆで方がわかりました。

思い込みを解除する、これも大きな料理を習うメリットです。そして料理で思い込みを解除できると、ほかのあらゆる場面でも思い込みを解除できるようになっていきます。「料理上手は生き方上手」これはHappy Kitchenのひとつのモットーです。料理教室で習ったらまずはレシピ通りに作ってみてくださいね。そこから、あなたの未知の扉が開いていきますよ。

まとめ

以上お話してきたように、料理教室を初心者の男性が選ぶためのポイントは以下にまとめられます。

①デモンストレーションタイプのクラスか。
②10名までの少人数制か。
③メニューはひとつないしふたつのシンプルなものか。
④自分が食べたいメニューがどうか。
⑤きちんとしたセオリーがあるか。

この5つのポイントの中に、男性だけのクラスか男女混合のクラスかは記載しませんでした。それは、男性だけだから良い、男女混合だから良いというものではないと私は考えています。それより重要なのが上記5つです。誰と一緒に学ぶかは二の次です。最初は見知らぬ人と一緒にエプロンつけて学ぶということに抵抗感があるかもしれませんが、同じ目的をもった人と一緒に学ぶことはとっても楽しいことですよ。そして料理教室はなんといっても試食タイムがあるので、美味しいものを食べていると自然と会話が弾むので、初めての習い事としても出会いの場としても料理教室はオススメですよ。

そうそう、それと料理するってとってもお得なんですよ。料理は長生きの秘訣なんです。女性の方が寿命が長い理由のひとつが、料理をしているから、といわれています。自分の体調にあったものを料理できるので、料理する人は元気でいられるんです。

ちょっと料理教室に通ってみたいな、と思った方は、以上のポイントに照らして料理教室を選んでくださいね。もちろん、Happy KItchenではこれらのポイントを押さえた初心者さん向けの料理教室も開催しています。そして、実は料理のレシピ以上に大事なのが、体のしくみと、食べものと命の関係を知ることです。いくら料理が作れるようになっても、私たちの体のしくみに反したものであれば意味がありません。体のしくみにあった料理、食べものとは何か。これを知ることが、実は料理を上手に作る以前に一番大事なことだと私は感じて、それを料理教室だけでなく、それを伝えるセミナーを開催しています。

ぜひ、一度Happy Kitchenに足を運んでくださいね。本日も最後まで「料理教室を初心者の男性が選ぶためのポイント」をお読みいただきありがとうございました。

簡単おいしい料理のコツ、食のあらゆる悩みを解消する食べ方、暮らし方の目からウロコの情報毎日メルマガで配信中!

こちらでお友達におすすめできます!

がんばらない時短クッキング

料理教室バナー(試作)

簡単!おいしい!目からウロコの料理術に触れてみませんか。今までの常識にとらわれない新しい発想が、新しいおいしさと、あたらしいあなたを作ります。

単に料理だけでなく、食を通して暮らす、輝いて生きるを提案するHappy Kitchenの料理教室。世界のグルメを体験し、国内外でのホームパーティ主催の経験と、5年間食のプロとして伝えてきた技を惜しみなく伝えます。

 

未来食ってどんな食事?

日本古来の和食の智恵と技がスタイリッシュに蘇り、あなたの新しい未来をつくる未来食として蘇りました。舌にも、カラダにも、心にも、地球にもおいしい未来食の心地よさをぜひ体感しに来てください。

あらゆる健康法を体験し、食に迷った私こばやしはつこが、やっと辿り着いたグルメと健康が両立する癒しの食を、わたしのストーリーとともにお伝えします。

8種類の雑穀を使ったおいしい試食をご用意してお待ちしております。
%e4%bd%93%e6%84%9f%e4%bc%9a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です