一人暮らしでも健康な食生活を実践する裏技

おもてなし雑穀料理で未来を変え未来食セミナー講師、雑穀ベジグルメサロンHappy Kitchen代表つぶつぶマザーはつこです。
一人暮らししていると何かと食生活が乱れがちです。仕事の忙しさ、面倒くささ、そして外食やコンビニなどの手軽さから、ついつい健康とはかけ離れた食生活に。そんな一人暮らしの健康を支える食生活の裏技を今日はお伝えします。

一人暮らしの健康な食生活の阻害要素

時間がない

一人暮らしをしていると家で待っている人もいないので、ついつい仕事に精をだしてしまい、家に帰るのが遅くなってしまいがちです。すると、遅く帰ってきてから料理を作るのが面倒になり、途中のコンビニやスーパーでお惣菜などを買ってしまったり、お菓子やお酒におつまみで済ませてしまったりと、健康な食生活とは程遠くなってしまいがちです。

食材が使い切れない

スーパーなどで野菜などを買っても、量が多くて使い切れずに冷蔵庫で腐らせてしまうので勿体無いから買わない。という人も多いのではないでしょうか。最近では一人暮らし用に少ない量で売っている店もありますが割高です。また、使うつもりでいても、予定外の仕事の関係などでの外食が続いてしまうと、一人暮らしだと他に食材を使ってくれる人がいないので、冷蔵庫の中で食材がどんどん悪くなっていってしまいます。

食材を使い切れないのが原因で、あまり料理をしなくなります。そして手軽に安く、しかも夜遅くまでやっている飲食店もたくさんあるので、ついつい外食が増え、一人暮らしの食生活は健康とは程遠くなってしまいます。

一人のために作るのも食べるのも楽しくない


料理が好きでも、一人で食べるのは楽しくないから、一人暮らしを初めてからは料理をしなくなる、という場合もあります。一人で作って食べる。上手にできても誰も「おいしい」と喜んでくれないと、作りがいもなくなって、結局家で料理して食べることが少なくなったり、簡単なマンネリ化した食生活になってしまいがちです。

解決法1:常備菜の活用

一人暮らしの時間がない人のお助けアイテムが「常備菜」です。冷蔵庫で1週間ほど保存でき、アレンジ力もある常備菜は、一人暮らしの健康な食生活の救世主です。常備菜は、味をしっかりつけること、そして動物性食材を極力使わないことで、日持ちがグーンとアップして、一人暮らしの健康な食生活を支えてくれます。

料理は美味しく出来上がると、同じ材料で作ってもうまくできなかった時よりもずっと長く日持ちがします、実はこれは「おいしい」ということは「調和がとれている」からなのです。おいしいことを「うまい」とも言いますが、「うまい」の古語は「うまし」で「美しい」という意味です。そして「美しい」というのは、調和がとれていることを表すのです。自然や絵画、踊りなど、我々は調和がとれているものを「美しい」「うまい」と感じます。そして、調和がとれている食べ物を、私たちの味覚は「おいしい」と感じるのです。おいしくできた常備菜の日持ちは抜群です。

動物性食品は雑菌が繁殖しやすいために、使わないほうが常備菜としては日持ちがしてオススメです。我が家の常備菜は何ヶ月も持つものがたくさんあります。ごはんさえ炊いてあれば、それら常備菜で満足な食事ができます。

ここで汁ものの裏技をひとつご紹介。味噌汁やスープといった汁物も、一人暮らしの食生活では面倒なもののひとつですよね。でも、冬などはやっぱりほっこり温まる汁物が欲しくなります。そこで、便利なのが切り和え味噌。ネギやミョウガ、ふきのとうなどの香味野菜と味噌を包丁で切り和えます。味噌の力で香味野菜は数ヶ月経っても悪くなりません。それをお椀に入れて熱いお湯をかければ、味噌汁のできあがり。一人暮らしには嬉しい、簡単、健康的なインスタント味噌汁です。

また、雑穀入りのスープは、それだけでお腹もいっぱいになるし、一人暮らしの健康な食生活にはオススメです。「つぶつぶ雑穀スープ」(学陽書房)大谷ゆみこ著には、目からウロコの雑穀スープがたくさん掲載させているので、よかったらぜひ購入して作ってみてくださいね。

解決法2:同じ食材でいろいろなものができる簡単な料理法

忙しい一人暮らしには、簡単な料理が一番です。そして食材を無駄にしないためにも同じ食材でいろいろなものができるのがベスト。特に旬の野菜は栄養満点、そして経済的で一人暮らしの健康な食生活にはとっても嬉しい食材です。

でも、活用法を知らないと、せっかくの野菜が無駄になってしまいます。そこで大活躍するのが「野菜だけ?」(メタ・ブレーン)大谷ゆみこ著です。この本は300以上のレシピが野菜ごとに掲載されています。大根1本あっという間に使い切り、食べきってしまう方法、野菜のおいしい保存法など、一人暮らしにも嬉しい技があふれています。

私も昔は大根1本使い切ることができずに、困っていたのですが、この本を知ってから、家族3人で大根1本では足りないぐらい。しかも、どれも簡単な料理法です。そして新鮮なうちに調理して保存することによって、一人暮らしにも嬉しい日持ちがアップ。野菜料理なので一人暮らしの健康な食生活を支えてくれるすぐれものです。

Happy Kitchenでは、この本をテキストにした料理教室を開催しています。詳しくはワンベジクッキングページまで。

解決法3:食事に関しての発想の転換

バランスのよい食事が健康な食生活を作る、と思っていませんか。すると、健康的な食生活をおくろうと考えると、一人暮らしでも一汁三菜、ご飯と主菜と副菜と汁物を用意しなきゃ、と日々の料理が面倒になってしまいます。

常備菜や、いくら簡単な料理のレシピをたくさん知っていても、やっぱり家に帰って台所に立ちたくない日もあります。かといって、一人暮らしだと誰かが食事を用意してくれるわけでもありません。そんな時にはちょっと発想の転換してみませんか。

そもそも、主菜という概念はもともと日本にはありませんでした。主食であるごはんと、副菜であるおかず、それと汁物という考え方でした。西洋型の食生活になり、おかずがメインの食生活が健康をつくると考えられるようになりました。だから、みんな食事、特に夕食となると「今日のおかずは何にしよう」と頭を悩ませ、料理を作るのが面倒になってしまうのです。

私たちの健康を支えてきたのは、主食である「ごはん」です。そして人間の体の仕組みにあっているのも「ごはん」なのです。ごはんを食べていれば健康になれます。糖質制限が当たり前になってきている現代では、にわかに信じられないかもしれません。私も長く糖質制限をしていたので最初は信じられませんでしたが、今ではごはんへの信頼を取り戻し、ごはんをたくさん食べて便秘が解消するなど体調がよくなりました。便秘とごはんの関係について詳しくは「常識を変える便秘改善の食べ物や飲み物」をお読みください。

一人暮らしでもごはんが健康な食生活を作る、ということであれば毎日の食事が気楽になりませんか。塩を入れて炊いた雑穀ごはんだと、長時間保温しておいても味が落ちません。私も以前は保温した時の特有のごはんの香りや味が嫌いでした。でも、塩を入れて炊いた雑穀ごはんに変えてから、1日保温したごはんでも美味しく食べられるようになりました。もちろん炊きたての美味しさには変えられませんが、嫌な臭いはなくなりました。塩入り雑穀ごはんの炊き方は「一ヶ月で痩せるダイエットのための食事メニュー」の記事内で紹介しています。

保温したごはんが美味しければ、朝ごはんを炊いておけば、一人暮らしで疲れて帰ってきても、常備菜を飯の友にして食べれるだけで、健康な食生活が実践できます。
また、炊飯器には便利なタイマー機能もありますし、上手に活用すれば、家に帰って料理を作らなきゃ〜というプレッシャーもありません。

私も、家族が出かけて夜自分一人の時には、ごはんに常備菜やふりかけだけ、という食生活になってしまいますが、逆にその時の方がカラダは元気で、やる気にみなぎります。ごはんの力を感じています。

おかずがなくても、ごはんを食べているだけでも健康な食生活を作る、という意識があれば、一人暮らしでも気負いない食生活を送ることができます。

解決法4:料理が楽しくなる方法

fun-cooking

一人暮らしだと自分のために作り、一人で食べるので料理も楽しくないと、ついついキッチンから足が遠のきます。でも、料理を作ることが実は、生き方上手、そして自己啓発につながるとしたらどうですか。瞑想をするより、自己啓発のために何かするよりも、実は料理をすることが生き方上手につながるのです。

料理は単に食べるものを作る作業だけではありません。食材を五感を使って、私たちのエネルギーになるようなものへ変身させていく作業です。また料理は決断の連続です。野菜の切り方、火を消すタイミング、煮る火の強さなど、常に決断しなければおいしい料理は作れません。

料理を漫然と食べる物をつくる作業として捉えると、億劫になりがちですが、料理が自分磨きだとしたら、やる気も起きますよね。そして料理を作るときに意図をもって作ると美味しくできるオマケつき。美味しいものもできて、決断力もつき、五感も磨かれ、生き方上手になるなんて、料理って本当にお得なんです。

最後に

一人暮らしだからこそ、自分が食に対する意識を転換して、シンプルで楽しくて美味しい食生活で健康になれます。

食べ物の性質を知り、カラダのしくみを知ること、料理の意味を知ることで、本当に美味しいシンプルな料理作りのしくみを技が身につきます。

食のあらゆる悩みを解消する食べ方、暮らし方の目からウロコの情報毎日メルマガで配信中!


本日も最後まで「一人暮らしでも健康な食生活を実践する裏技」をお読みいただきありがとうございました。

こちらでお友達におすすめできます!

がんばらない時短クッキング

料理教室バナー(試作)

簡単!おいしい!目からウロコの料理術に触れてみませんか。今までの常識にとらわれない新しい発想が、新しいおいしさと、あたらしいあなたを作ります。

単に料理だけでなく、食を通して暮らす、輝いて生きるを提案するHappy Kitchenの料理教室。世界のグルメを体験し、国内外でのホームパーティ主催の経験と、5年間食のプロとして伝えてきた技を惜しみなく伝えます。

 

未来食ってどんな食事?

日本古来の和食の智恵と技がスタイリッシュに蘇り、あなたの新しい未来をつくる未来食として蘇りました。舌にも、カラダにも、心にも、地球にもおいしい未来食の心地よさをぜひ体感しに来てください。

あらゆる健康法を体験し、食に迷った私こばやしはつこが、やっと辿り着いたグルメと健康が両立する癒しの食を、わたしのストーリーとともにお伝えします。

8種類の雑穀を使ったおいしい試食をご用意してお待ちしております。
%e4%bd%93%e6%84%9f%e4%bc%9a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です