可愛くなりたい人がダイエットの食事で気を付ける3つのポイント

おもてなし雑穀料理で未来を変え未来食セミナー講師、雑穀ベジグルメサロンHappy Kitchen代表つぶつぶマザーはつこです。

可愛くなりたいと思ってダイエットしても、痩せたはいいけど、肌の潤いやハリがなくなってしまったり、胸がお尻までやせ細ってしまったりしては困ります。また無理なダイエットをして、我慢のためにイライラしするのではなく、キラキラ輝いていたい。そこで今日は「可愛くなりたい人がダイエットの食事で気を付ける3つのポイント」についてお伝えします。

可愛くなりたい人のダイエットポイント1「体内の水分を保つ」

ダイエットして痩せたはいいけど、肌に潤いがないのでは、魅力も半減してしまいます。体内の水分を保つためには、ふたつの大事に食べ物があります。

体内の水分を保つために必要なもの、それは、自然塩と穀物なんです!

どちらも今減らした方がよいと言われているものですが、このふたつを控えたり、断つことで、カラダは体内の水分を体外に流出させます。するとその体外に排出された水分の分は、体重が減ります。体重が減る意味ではダイエット効果が期待できますが、その分潤いも逃げてしまうので可愛くなりたい人のダイエットには向きません。

減塩で干からびる

人間のカラダの70パーセントは水分です。そしてカラダの中の水分は塩との関係で調節されています。血液や体液などの濃度は0.9パーセントで、この濃度が少しでも狂うとカラダは維持できません。例えば、水をたくさん飲むとトイレに行きたくなりますよね。これは血液などの濃度が水で薄まってしまうため、カラダが水分を体外に排出することで、体内の濃度を一定に保とうとするカラダの働きによるものです。ですから、減塩をしていると、どんどん血液などが薄まってしまうので、カラダは体外に水分を放出します。これが減塩を伴うダイエットすると、肌にハリと潤いがなくなって可愛くなりたいを実現できなくなる理由です。

減塩することで、痩せる効果はあっても、可愛くなりたい人向けのダイエットとは言えないのです。

可愛くなりたい人のダイエットポイント2「シミを防ぐ」

ダイエットして痩せても、シミだらけの肌では、可愛いくなりたい人にとっては残念な結果に終わってしまいます。可愛くなりたいなら、やっぱり肌も透明感があってシミやシワがない方がいいですよね。実はあなたが肌のため、ダイエットのため、可愛くなりたいと思ってやっていることが、実は逆効果なんです。

毎日の果物がシミを作る

「ダイエットしよう!」と決めて、真っ先にするであろうことは、摂取カロリーを減らすことだと思います。(こちらについて詳しくは「痩せたいけど食べてしまう人が食事でやってしまう3つの過ち」をご覧ください。)可愛くなりたいと思ってダイエットを始めると、ついつい痩せることをメインに考えて、摂取カロリーを減らしつつ、ビタミンや酵素が不足しないようにと、糖質を減らして、酵素やビタミンたっぷりの野菜をたくさん取ろうと思うかもしれません。

でも実は、毎朝スムージーなどを飲んだり、ダイエットで可愛くなりたいと果物を毎日食べるのは、お肌にとって逆効果なのです。ショック〜〜〜〜。果物や砂糖に含まれる果糖は、細胞内に貯蓄され、お日様の光で変色します。これがシミの原因です。ダイエットして可愛くなりたいと思ったら、果物をたくさん食べるのは要注意です。かえってシミを増やし逆効果の危険性が!まあ、赤毛のアンのようにそばかすがいっぱいが可愛いと思っていらっしゃるならいいのですが。。。詳しくは「食事や料理で肌がきれいになる方法」でその仕組みを説明しておりますので、よかったらご覧ください。

糖質(炭水化物)を抜きで干からびる

今では砂糖の糖質も炭水化物と呼ばれていたデンプンの糖質も、同じ「糖質」という言葉に集約されてしまいました。砂糖の糖質は、先ほどお話したように、シミの原因になるので、可愛くなりたいと思ってダイエットしている方には避けてほしいのですが、ダイエットして可愛くなりたい人と思っている方に抜いて欲しくないのが、炭水化物、つまりごはんなど穀物の糖質です。

糖質が体内に入ると、筋肉や肝臓にグリコーゲンという形で貯蓄されます。そして、この1個のグリコーゲンを保持するためには、その4倍の水が必要なんです。だから、グリコーゲンが体内にあるということは、水分を保持できるということ。逆に糖質を抜いた食生活をすると、カラダはこの貯蓄済みのグリコーゲンを使用してエネルギーを得ようとします。これで結果的に痩せるというダイエット効果は期待できるのですが、グリコーゲンが分解されることによって、余った水分が体外に放出されてしまいます。つまり、糖質制限で痩せるしくみは、体内の水分の減少なのです。

つまり、糖質制限を伴うダイエットは、体内の水分量を減少させるので、肌に潤いを求める可愛くなりたい人には不向きなのです。

可愛くなりたい人のダイエットポイント2「輝く細胞をつくる」

細胞って実は光を放っているって知っていますか。細胞生物学ではすでに細胞は「光」を放出しているだけでなく、「光」を貯蓄していることが証明されています。そして、「光」の吸収時間は、細胞の質と関連しており、健康な細胞は長時間「光」を蓄えることがき、不健康な細胞は短時間で消耗してしまうというのです。つまり、健康な細胞でできている人は、本当に光を発して輝いているのです。

健康な細胞を作るのは、健康な血液です。健康な血液を作るのは、日々の食べ物です。だから、可愛くなりたい、輝いていたいと思っているなら、日々の食べ物を、細胞を輝かせてくれるような食べ物で満たすことが必要です。細胞を輝かせてくれる食べ物とは、カラダのしくみにあった、カラダを元気にしてくれる食べ物です。

可愛くなりたいならカラダのしくみにあった食べ物でダイエットしてください。そうすれば、細胞が光り輝き、あなた自身が輝きだし、可愛くなりたいを実現できますよ。

可愛くなりたいなら調和的な波動の食べ物を

この世の全てのものには波動、つまりそれぞれ固有の振動を持っています。そしてその波動には調和したノイズのないクリアな波動と、不調和のある乱れた波動があります。湧き水や自然農法の野菜は波動が調和的で、消毒された水やジャンクフードは波動が不調和的です。現在の多くの食べてものが自然の調和からは分離されており、不調和な波動を持っていると言えます。そういった食べ物を食べると、細胞は「光」を放たなくなります。

さらに調和的な波動の食べ物を食べれば、細胞だけでなく、思考や感情にも良い影響を及ぼし、調和的な印象、柔なかな印象を与えることができ、周囲から可愛らしく見られます。可愛くなりたい人には、調和的な波動の食べ物でのダイエットをおススメします。

調和的な波動の食べ物飲み分け方

でも、どうやってそんな波動が調和的かってわかるの〜〜。と思うかもしれません。でも実はとても単純なんです。波動が調和的な食べ物を私たちは「おいしい」と感じます。味覚は実は私たちのカラダとって必要なものかどうかを見分けるセンサーになっているのです。だから、カラダが必要だと思う食べ物を、私たちは「おいしい」と感じるのです。

シンプルに心からおいしいと思う食べ物を食べることが、可愛くなりたい人のダイエットには必要なのです。本物の素材で、私たちのカラダのしくみにあった食べ物を食べていると、自然と細胞が発光し、キラキラと輝き、可愛くなりたいを実現してくれるのです。

これは私も最初は嘘だ〜と思っていました。しかし、本当に食を変えて輝きを増していく人が周りにどんどん増えているので実感しています。

最先端の生命科学では、「生命力のある料理」は脳波を整え、体を応援するホルモンの分泌を促すことがわかっています。「生命力のある料理」を食べていれば、「輝いているね」と言われるようになるのです。未来食つぶつぶは、おいしく食べているだけで、波動調整ができ、腸内環境が整い、エネルギー湧き立つ体を作る食体系なんです。(未来食つぶつぶ創始者大谷ゆみこメルマガ引用)

女性のあらゆる悩みを解消する食べ方、暮らし方の目からウロコの情報毎日メルマガで配信中!


本日も最後まで「可愛くなりたい人がダイエットの食事で気を付ける3つのポイント」をお読みいただきありがとうございました。

こちらでお友達におすすめできます!

がんばらない時短クッキング

料理教室バナー(試作)

簡単!おいしい!目からウロコの料理術に触れてみませんか。今までの常識にとらわれない新しい発想が、新しいおいしさと、あたらしいあなたを作ります。

単に料理だけでなく、食を通して暮らす、輝いて生きるを提案するHappy Kitchenの料理教室。世界のグルメを体験し、国内外でのホームパーティ主催の経験と、5年間食のプロとして伝えてきた技を惜しみなく伝えます。

 

未来食ってどんな食事?

日本古来の和食の智恵と技がスタイリッシュに蘇り、あなたの新しい未来をつくる未来食として蘇りました。舌にも、カラダにも、心にも、地球にもおいしい未来食の心地よさをぜひ体感しに来てください。

あらゆる健康法を体験し、食に迷った私こばやしはつこが、やっと辿り着いたグルメと健康が両立する癒しの食を、わたしのストーリーとともにお伝えします。

8種類の雑穀を使ったおいしい試食をご用意してお待ちしております。
%e4%bd%93%e6%84%9f%e4%bc%9a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です