熱がある子供の風邪に効果的な食事

キッチンから笑顔をつくる
未来食セミナーScene1講師、雑穀ベジグルメサロンHappy Kitchen代表 つぶつぶマザーはつこです。

子供が熱を出す、しかも高熱だと心配ですよね。でも熱を出せるのはカラダが元気な証拠です。具合が悪いのに熱が出ないほうが逆に心配です。熱がでること自体は病気ではありません。子供が風邪をひいて熱を出しても慌てないで!熱が出るのはカラダが元気な証拠です。ほとんどの場合は簡単な食事やお手当で解決します。熱のある子供の風邪に効果的な食事やお手当について今日はお伝えします。

風邪で熱がでる原因

熱はカラダが体内に入った病原菌と戦っていることを知らせるひとつの症状でしかありません。熱そのものは病気ではありません。子供が熱を出すということは、ほとんどの場合がカラダが病原体と戦うための生体防衛反応なのです。

ウィルスや細菌などに感染すると、体内に入り混んだ病原体が増殖しさまざまな症状がでます。病原体は36度から37度の時に活発化します。その増殖を抑えるために熱を出してカラダを守ろうとしているのです。さらに発熱することでカラダの免疫力を高めるといわれています。熱が下がらないのは、まだ病気が治っていない、病原菌とまだ戦っていて退治できていない、ということです。だから解熱剤などで熱を下げるということは、病原体が活発化しやすい温度に戻すことになるので、病原菌を退治する時間を長引かせてしまうことになります。

また、薬には必ず副作用があります。特に子供には解熱剤を使うのは危険です。普段から免疫力を高めるような食事をしていれば、熱は全く恐れる必要はなく、逆にカラダを守るための反応としてありがたいことなんです。我が家でも子供が風邪などで熱を出すと「カラダが風邪の菌と戦ってくれているんだね。応援しようね」と言ってあげると、子供も熱のだるさも我慢できるようです。

子供が風邪で熱を出した時に食べるとよい食事

基本的に熱があるときには食欲は減退します。そこで無理に食べさせようとする必要はありません。むしろ食事はしない方が熱が早く下がり、風邪も早く治ります。熱があるときはカラダが病原菌と戦っているわけですから、そこで力をつけるためにと色々食事を与えるとカラダは病原菌と戦うためのエネルギーを「消化」にも使わなくてはいけないので、病原菌をやっつけるのに時間がかかってしまいまうのです。子供が特に何か食べたい、と強く欲しない限りは、基本的に食事は食べない方がよいでしょう。

食事の代わりに我が家では風邪をひいたら「りんご葛湯」を飲みます、というか娘が欲しがります。100パーセントストレート果汁のりんごジュースに葛粉を入れて溶き、自然海塩を少々加えて火にかけて透明になってからさらに少し煮れ出来上がり。これを温かいうちに飲みます。葛粉は葛粉100パーセントの本葛を選んでくださいね。葛は消化がよく滋養に富み、発汗解熱作用を促し、カラダを冷やさずに熱をとってくれます。りんごジュースのちょっとカラダを冷やす力とそれを冷やしすぎないようにする自然塩、そして葛粉のコンビネーションで、カラダの機能を邪魔しない天然の解熱剤の出来上がりです。

ちょっとした熱ならこれを飲んで寝ればすぐに翌日には元気になってしまいますよ。

りんご葛湯(大谷ゆみこ著「赤ちゃんとママのつぶつぶ雑穀マタニティごはん」より)
<お母さん一人、赤ちゃん一人分>
りんごジュース(ストレート果汁)・・・・・・1カップ
葛粉・・・・・・・小さじ2(7グラム)
自然塩・・・・・小さじ1/8

鍋に材料を入れてよく混ぜ葛粉を溶かしたら火にかけ透明になってから少し煮てできあがり。

でも、もしりんご葛湯を作って子供が飲みたがらなかったら、その子の体調や体質にはあっていないのかもしれません。そんなときにトライしてみて欲しいのが「醤油葛湯」です。先日、料理教室に7ヶ月の赤ちゃんを連れて来られた方がいらっしゃいました。「子供が熱っぽかったんで、りんご葛湯を今朝飲ませようとしたら飲まないんです」とのこと。お子さんの顔色もよくないし、いつもの元気もありません。そこで「醤油葛湯」がいいんじゃない?と提案してみて早速作ってスプーンであげると、飲みます。そしてもっともっとと要求しました。小さなコップ一杯の量をほとんど飲みつくし、料理教室が終わるころには、顔色がすっかりよくなって、目も涙目から元気な目に変わっていました。

醤油葛湯(大谷ゆみこ著「赤ちゃんとママのつぶつぶ雑穀マタニティごはん」より)
<お母さん一人、赤ちゃん一人分>
水・・・・・・・・・1カップ
葛粉・・・・・・・大さじ1(10グラム)
醤油・・・・・・・大さじ1

鍋に醤油以外の材料を入れてよく混ぜ葛粉を溶かしたら火にかけ透明になってから少し煮て火からおろし、醤油を混ぜる。

我が家の娘は醤油葛湯は苦手で、いつもりんご葛湯で元気になります。このように、そのとき、その子供の体質などによって使い分けてください。子供はカラダの声に正直です。子供が欲しいと思うものが、そのときのカラダに必要なものなのです。ただ、これには日々の食事でカラダの声をキャッチできる感覚を失っていないかも大事になります。免疫力を高め、カラダの声がきけるようになる普段の食事については後述しますね。

もうひとつ、風邪で熱がでて汗をたっぷりかいたときには、水だけでなく、きちんとミネラル補給のため塩分補給もお忘れなく。そんな時には、梅酢を水で割ったものを水の代わりに飲むか、自然塩を舐めさせてください。この場合の梅酢や塩は、伝統製法で作られた自然海塩にしてくださいね。オススメは海の精の塩と梅酢です。

海の精塩海の精梅酢

 

 

 

 

 

子供が風邪で熱を出した時に効果的なお手当法

スクリーンショット 2016-07-03 17.20.11
【熱とは関係のない絵本ですが娘が小さいころよく読んだ本なので】

何はともあれ熱を出したらまずして欲しいお手当法があります。それが「キャベツの帽子」です。キャベツの葉っぱを頭にかぶせるだけ!これでウソのように熱が下がります。シナっとしてきたら取り替えてあげてくださいね。そしてこのキャベツは毒素を吸っているのでもったいないからっていって食べないでくださいね。

キャベツがなかったら、青菜でも大丈夫ですよ。でもキャベツのあのカーブが頭にちょうどはまるからオススメです。

本当に効くの?と疑いたくなっちゃう気持ちもわかりますが、我が家でも効果は実証済みですし、料理教室にいらっしゃる方も半信半疑でトライして、本当に熱が下がるのでびっくりした、との報告をいくつもいただいています。

*風邪の予防に効果的な免疫力を高める普段の食事

子どもの免疫力を上げ、カラダの声をキャッチできる感覚を失わずに育てる食事の基本が、「雑穀入りごはん」と「自然海塩」です。この2つが、きれいな血液を元気な細胞をつくる要の食べ物です。基本的に、穀物と水と塩を食べていれば人間は元気に生きられます。娘は肉も魚食べず、決まった野菜しかほとんど食べませんが、ごはんをモリモリ食べるので、とても元気です。「未来食つぶつぶ」を実践している家の子どもたちは、好き嫌いな子もいますがごはんはよく食べるのでみんな元気です。しかも、雑穀ごはんには、私たちのカラダに必要な微量栄養素がたっぷり入っています。そして「未来食つぶつぶ」流の雑穀ごはんは3合のごはんに小さじ1弱の塩を入れて炊きます。そうすることで旨味もミネラル分もアップし、冷めてもごはんができます。

ごはんは主食です。「ごはんばっかり食べないでおかずを食べなさい」ではなく、「おかず食べなくても、ごはん食べてれば大丈夫よ」にすれば、嫌いな野菜を無理やり子供に食べさせるお母さんのストレスも、食べさせられる子供のストレスもなくなります。そして元気になるんだからいいことばかり!おいしい雑穀ごはんを炊いて、元気に風邪予防しましょう。

あとは味噌や醤油、甘酒、漬物といった日本の伝統的発酵食品を上手に食卓に取り入れてくださいね。

子供も元気!料理が楽しくなって楽チン子育て!「未来食つぶつぶ」の秘密、もっと知りたい方は「つぶつぶ料理体感会」を開催しますのでぜひ足をお運びください。おいしい8種類の雑穀を使った試食付きですよ。

詳細は下記をクリックしてね体感会7月開催

本日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

こちらでお友達におすすめできます!

がんばらない時短クッキング

料理教室バナー(試作)

簡単!おいしい!目からウロコの料理術に触れてみませんか。今までの常識にとらわれない新しい発想が、新しいおいしさと、あたらしいあなたを作ります。

単に料理だけでなく、食を通して暮らす、輝いて生きるを提案するHappy Kitchenの料理教室。世界のグルメを体験し、国内外でのホームパーティ主催の経験と、5年間食のプロとして伝えてきた技を惜しみなく伝えます。

 

未来食ってどんな食事?

日本古来の和食の智恵と技がスタイリッシュに蘇り、あなたの新しい未来をつくる未来食として蘇りました。舌にも、カラダにも、心にも、地球にもおいしい未来食の心地よさをぜひ体感しに来てください。

あらゆる健康法を体験し、食に迷った私こばやしはつこが、やっと辿り着いたグルメと健康が両立する癒しの食を、わたしのストーリーとともにお伝えします。

8種類の雑穀を使ったおいしい試食をご用意してお待ちしております。
%e4%bd%93%e6%84%9f%e4%bc%9a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です