痩せて綺麗になりたい人のための料理

キッチンから笑顔をつくる
未来食セミナーScene1講師、雑穀ベジグルメサロンHappy Kitchen代表 つぶつぶマザーはつこです。

「痩せて綺麗になりたい」を叶える時の落とし穴

痩せて綺麗になりたいと思った時に、大事なのは「痩せる」ですか「綺麗になる」ですか?

きっと「綺麗になる」ですよね。痩せてもガリガリになりすぎたのでは綺麗とは言えません。痩せることを目的にしてしまうと「痩せて綺麗になりたい」という目的を達成できずに、ただのやせっぽちになってしまう危険性をはらんでいます。

「痩せて綺麗になりたい」の目的はあくまでも「綺麗になる」であって「痩せる」ではありません。「痩せる」は「綺麗になる」ための手段でしかないのです。それが、ダイエットなどしていると、いつのまにか「痩せる」ということ自体が目的となってしまい、「綺麗になる」という本来の目的が置いてきぼりになって、結果「痩せて綺麗になりたい」という本当の目的が達成できなくなってしまいます。

実はかつての私がそうでした。妊娠した時に「健康なお産をしたい」という目的で始めた食事療法。食べ方はあくまで「健康なお産」をするための目的であったにもかかわらず、いつしか健康のための正しい食事を追い求めてしまい、やせ細ってしまいました。結局「健康なお産をしたい」という目的は達成できずに終わってしまいました。これも手段である食事療法が目的になってしまったことによる、本来の目的である「健康なお産」の不達成でした。

「痩せて綺麗になりたい」と思ったら、まず目的を「綺麗になる」に設定し、常に意識します。そうすれば「痩せすぎ」で「綺麗」を達成できない、ということが回避できて、軽やかに目的を達成できるようになります。

綺麗とはどういうことか

外見的な綺麗さとは、肌が綺麗だったり、髪にツヤがあったり、目が輝いていたりすること。言い換えれば細胞が綺麗でワクワクして楽しそうな人です。私たちを構成する細胞ひとつひとつが綺麗で元気でなければ、トータル的に綺麗とは言えません。そこで「綺麗になりたい」と思ったら、細胞美人になるしかないのです。

そして毎日1兆個の細胞が血液から作られるので、細胞美人とは血液美人のこと。さらに血液は腸で作られるので、血液美人は腸内環境美人ということになります。腸内環境を整えれば、綺麗な細胞を作り、老廃物も排出してくれるので、結果的に痩せて綺麗になることができます。

痩せて綺麗になりたい人は、食べないダイエットや運動をするよりも、まず先に腸内環境を整えることが一番大事なのです。

腸内環境を整えて、痩せて綺麗になる料理

では、どんな料理が腸内環境を整え、綺麗な細胞を作る料理なのでしょうか。

ヨーグルトより甘酒

腸内環境を整えるといって真っ先に思いつくのがヨーグルトかもしれません。しかし、ヨーグルトは日本人の腸にはあっていません。腸内環境を整えるのに必要なのは、腸まで届く菌そのものではなく、すでにいる腸内細菌が喜ぶものをいれてあげる必要があるのです。その点でヨーグルトよりも甘酒の方がずっと腸内環境にとって有用です。またヨーグルトは乳酸発酵したものです。一方、麹と炊いた穀物で作った甘酒は麹菌と酵母菌と乳酸菌のトリプル発酵食品なので、より効果的です。日本の伝統食って素晴らしいですね。日本が誇るスーパーフードです。

ヨーグルトを毎朝食べるよりも、毎朝甘酒(冷たくてもオッケー)を飲んだり、お菓子を作る時に甘味料として甘酒を使って料理すれば、腸内環境を高め、美肌と美細胞を作ります。綺麗になるたい人が食べるなら、断然ヨーグルトより甘酒ですよ。

野菜より穀物
五穀ごはん
食物繊維も腸内環境を整えるのに欠かせないものです。食物繊維はいわば「腸内掃除役」で悪玉菌を追い出す働きをしてくれます。また、腸内にいる善玉菌の増殖を助けてくれます。さらに食物繊維は腸内の悪玉菌によって作られた有害物質を吸着し体外へ排出してくれます。食物繊維はカラダの掃除役のとっても大事な栄養素と言えます。

食物繊維といえば「野菜」と思われるかもしれません。しかし食物の中での高繊維食品なのは穀物なんです。穀物のあのネバネバは食物繊維の塊です。野菜よりも細胞密度の濃い穀物は食物繊維の宝庫なのです。便秘解消には野菜料理ではなく穀物を使った料理の方が断然効きます。わたしも外食が続いて野菜料理ばかり食べるとお腹にガスが溜まり、便の出も悪くなり、硬い便になります。ごはんや雑穀を使った未来食つぶつぶのおかずをしっかり食べていると、毎朝快便です。食事も気にしているのに便秘がちな人は、野菜料理の食べ過ぎかもしれません。

また、穀物=炭水化物=糖質だから、便秘は解消しても太ってしまうんではないか、と気になるかもしれません。でも、そんなことはないんです。野菜料理ばかり食べていれば痩せることには痩せます。でもそれは単にカロリーが低いからやせ細っていくのであって、綺麗に痩せていくのではありません。その点ごはんは、高繊維で細胞密度が濃いので、カラダに必要な栄養素を与えたあとは、体内の老廃物を連れ出して一緒に体外へでていきます。なので、ごはんをたくさん食べても太ることはないのです。腸内環境を整えて、綺麗になりたい人には、ごはんを食べることをお勧めします。もちろん野菜料理も食べ過ぎない程度には取り入れてくださいね。

スムージーより味噌汁を

肌を整えるには酵素がよい、ということで野菜や果物の酵素を生で取り入れようと、毎朝スムージーなどを飲んでいる方も多いかもしれません。果物の糖分である果糖はシミ、シワの原因になります。(詳しくは「食事や料理で肌がきれいになる方法」へ)酵素を摂るならば、断然発酵食品でもある「味噌」の方が酵素もたっぷり消化にも負担をかけない有力選手です。味噌を使った料理である「味噌汁」は、味噌に含まれる自然塩のミネラルも補給でき、酵素や微量栄養素がたっっぷりの、これまた日本が世界の誇るスーパーフードです。

綺麗になりたい人は、スムージーよりも味噌汁をお勧めします。

まとめ

ランチ@つぶつぶカフェ
痩せて綺麗になるためには、腸内環境を整える料理を食べることが大事。そして腸内環境が整えば綺麗な血液が生まれ、綺麗な細胞が生まれ、綺麗な肌が生まれます。そして高繊維食品である穀物を料理したものを食べれば、老廃物を繊維とともに体外へ排出してダイエットにもつながります。痩せて綺麗になりたい人は、ごはんをしっかり食べ、味噌汁を飲み、甘酒をつかった料理を楽しみましょう。

Happy Kitchenが提唱している「未来食つぶつぶ」は、ごはん(雑穀)をつかってハンバーグやナゲットや世界の料理を作ります。少ないおかずでごはんを食べることに慣れていない現代人も、楽しくおいしくごはんを食べることができます。また甘酒や味噌、漬物といった日本のスーパーフードも、現代人の食べやす料理にしたレシピが多数あります。超典型的西洋型食生活をしており、小さいころから漬物はほとんど食べていなかった私、国際結婚をしている私も、夫婦で漬物、味噌をつかった料理を楽しんでいます。

痩せて綺麗になりたい人の新常識!ハンバーグやナゲットや世界の料理までなんでもできちゃう奇跡のベジグルメ「未来食つぶつぶ」の秘密、もっと知りたい方は「つぶつぶ料理体感会」を開催しますのでぜひ足をお運びください。おいしい8種類の雑穀を使った試食付きですよ。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

こちらでお友達におすすめできます!

がんばらない時短クッキング

料理教室バナー(試作)

簡単!おいしい!目からウロコの料理術に触れてみませんか。今までの常識にとらわれない新しい発想が、新しいおいしさと、あたらしいあなたを作ります。

単に料理だけでなく、食を通して暮らす、輝いて生きるを提案するHappy Kitchenの料理教室。世界のグルメを体験し、国内外でのホームパーティ主催の経験と、5年間食のプロとして伝えてきた技を惜しみなく伝えます。

 

未来食ってどんな食事?

日本古来の和食の智恵と技がスタイリッシュに蘇り、あなたの新しい未来をつくる未来食として蘇りました。舌にも、カラダにも、心にも、地球にもおいしい未来食の心地よさをぜひ体感しに来てください。

あらゆる健康法を体験し、食に迷った私こばやしはつこが、やっと辿り着いたグルメと健康が両立する癒しの食を、わたしのストーリーとともにお伝えします。

8種類の雑穀を使ったおいしい試食をご用意してお待ちしております。
%e4%bd%93%e6%84%9f%e4%bc%9a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です