結婚の出逢いのきっかけになる場所とは?

キッチンから笑顔をつくる未来食セミナーScene1講師、雑穀ベジグルメサロンHappy Kitchen代表 つぶつぶマザーはつこです。

職場が女ばかりなの結婚の出逢いのきっかけがない。忙しいので出逢いのきっかけがない。など結婚の出逢いがない理由をあげればいくつでも挙げられると思います。でも、ちょっと意識を変えれば結婚の出逢いの場はあらゆるところに転がっています。

また、結婚の出逢いのきっかけになる場所というとどんな場所を想像されるでしょうか。学校?職場?合コン?婚活?など、人によって色々だと思います。でも、実はどんな場所でも結婚の出逢いの場所になり得るのです。

世の中に男性がいないわけではありません。また極端に少ないわけでもありません。家から一歩でれば、一人の男性とも出会わないことはほとんどありません。だから結婚の出逢いは、どこに転がっているかわからないのです。それを掴むか、掴まないかはあなた次第ということになります。

そこで、今日は「一生独身でいる」と大学生の頃宣言していたにもかかわらず、24歳で結婚した私が、結婚の出逢いのきっかけになる場所についてお伝えします。

結婚の出逢いはどこにでも転がっている

私がパートナーと出会ったのは飛行機の中です。日本からヨーロッパに行く飛行機の中で席が隣同士になったのがきっかけでした。そしてその出逢いから3年後に結婚しました。私とパートナーとの出逢いの話をすると、多くの人が「ロマンティック〜〜」「そんな映画みたいなことが実際にあるんだ」と驚かれます。でも、世の中にはドラマよりも意外な出逢い方をしている人が結構いるんです。

意外な出逢いだっただけでなく、実は当時の私は「結婚=足枷」と思っていて、自分らしく生きるためには結婚ではなく社会にでて働くことだと思っていました。しかし、あることをきっかけに結婚のイメージが変わって、その後すぐに結婚につながる出逢いの場面が訪れたのです。

私の体験から、場所を選ばず、結婚の出逢いのきっかけを手に入れるには下記のふたつのことが重要だと感じています。

1)結婚相手の条件を決めない。

2)結婚を意識しすぎない。

結婚相手の条件を決めない

結婚をしたいと言っても誰とでもいい、というわけではありません。しかし、結婚相手の条件を決めると、これもまた結婚の出逢いのきっかけを狭めてしまいます。いつでも、どこでもが結婚の出逢いのきっかけの場所になるには、結婚相手の条件を決めるのではなく、その人と結婚して生活をしている時に自分がどんな気持ちでいたいのか、どのように過ごしていたいのかをイメージすることが大事です。

相手の条件を設定してしまうと、出逢いの場面も限定されてしまいます。また、その条件が邪魔をして、本当のその人を見ることができなくなってしまう可能性があります。最近は「引き寄せの法則」といって、よりリアルに具体的にイメージした方が良い、とも言われています。この場合の具体的イメージとは、容姿や、話し方、性格というような結婚相手そのもに対するイメージではなく、自分がその人と過ごしている場面、その時の気持ちなどをイメージする方が大事です。

今まだ出会ってもいない人の容姿などをイメージするのは難しいのです。たとえイメージできたとしても、それは芸能人であったり、自分がであったことのある人であったりが元になっていて、想像には限界があります。そして想像の限界と同じように結婚の出逢いも限定されてしまうのです。しかし、その人とどんな気もちで過ごしたいか、というのであれば、無限に想像できます。そして必然的に出逢いの可能性も無限となるのです。

私の場合も、まさに相手と一緒にいる時どんな気持ちでいたいか、結婚したらどういう風に過ごしたいか、というイメージが持てたことをきっかけにして、「結婚したくない」と思っていた私が、24歳で結婚することになったのです。私の結婚感を一変する出来事は、私が21歳の時に起こりました。

私の結婚感は足枷。結婚することで相手に束縛され、自分のやりたいことを犠牲にしなければならない、と感じていました。しかし、海外に住む叔母の家に遊びに行った時に、4人の子供を育て、共働きをし、結婚して20年以上経つのに仲睦まじい叔母夫婦をみて、私の中の結婚感が一新したのです。

結婚は足枷ではない、結婚とは「1+1=3」以上になるものなんだ、と思えるようになったのです。そして、一緒に人生を高めあっていきたい。お互い前を向いて自分の使命を全うしながらも、隣にいてお互いを支え合い、刺激しあっている。そんな結婚のイメージが私の頭の中に出来上がりました。

その後すぐに、将来の伴侶となる人と出会ったのです。

結婚を意識しすぎない

私は当時結婚したいとも思っていませんでした。結婚を意識するとどうしても、固定観念でであった人を結婚の対象か、対象外かを判断してしまいます。また、そもそも自分が考える結婚感に合致しない人は目に入らなくなります。すると必然的に結婚の出逢いのきっかけも少なくなります。そもそも、第一印象だけでは人のことはわかりません。もしあなたが、優しい人と結婚したいと思っているのであれば、一見優しそうでな人は目に入らないのです。

人間は自分の意識にないものは目に入りません。これは私が産後に感じたことです。産後ベビーカーを押すようになって初めて、世の中には段差が多いことや、ベビーカーを押している親子が街にはたくさんいることに気がつきました。それまでは、全く意識になかったので、存在していても、たとえ目に入っても、頭の中で認識していなかったのです。

これと同じように、優しい人と結婚したいと思っていたら、優しそうに見える人しか認識しないので、一見優しそうでない人で実は優しい人とは、たとえ出会っていても「出逢い」として認識されないのです。これじゃあ、もったいないですよね。

「結婚したい」と思っていることが悪いことではありませんが、結婚を意識しすぎるとかえって結婚の出逢いのきっかけを逃してしまう可能性があるので、結婚の出逢いのきっかけの場面を多くしたいのであれば、結婚を意識しすぎず、まずは人との出逢いを楽しみましょう。

食の転換で結婚の出逢いを引き寄せる

ちょっと意外かもしれませんが、食を転換することで結婚の出逢いを引き寄せることができます。これは何も結婚の出逢いだけでなく、あらゆるものを引き寄せる力になります。そして直観力が目覚めるので、自分にあった相手を簡単に見抜くこともできるようになります。

自然界のルールに沿った料理、食べ方に切り替わると、カラダの細胞ひとつひとつがイキイキ輝いてきます。そして自分のカラダが何を欲しているのかを感じ取れるようになります。自分の体調と食べたいものがリンクしてきます。また季節と食べたいものもリンクしてきます。こうして、自分のカラダの声が聞けるようになると、自分のココロの声も聞こえるようになります。すると、どんどん自分がどのような結婚生活を送りたいのか、どのように将来生きていきたいのかも明確になり、具体的に結婚生活をイメージすることができ、結婚の出逢いを引き寄せることができます。

Happy Kitchenが提唱している「未来食つぶつぶ」は、まさに自然界のルールに沿った、カラダの声をきき直観力を目覚めさせる食事です。

また、未来食つぶつぶは雑穀を主役にしたおかずや、野菜が主役の料理など、今までの固定観念にとらわれない全く新しい料理法です。それらの料理を作ることで、新しい脳の回路が出来上がり、イメージ力もあがり、結婚の出逢いの場も引き寄せられます。

結婚の出逢いを引き寄せるだけでなく、料理の腕をあげることで、その後の結婚生活にも役立ち一石二鳥。

結婚の出逢いを引き寄せる食事「未来食つぶつぶ」を体感する「つぶつぶ料理体感会」は毎月開催中!

結婚を意識せず、自分の将来の生活のイメージを膨らませ、食を整えることで、きっとあなたも素敵な結婚の出逢いがあるでしょう。

本日も結婚の出逢いのきっかけになる場所とはを最後までお読みいただきありがとうございます。

こちらでお友達におすすめできます!

がんばらない時短クッキング

料理教室バナー(試作)

簡単!おいしい!目からウロコの料理術に触れてみませんか。今までの常識にとらわれない新しい発想が、新しいおいしさと、あたらしいあなたを作ります。

単に料理だけでなく、食を通して暮らす、輝いて生きるを提案するHappy Kitchenの料理教室。世界のグルメを体験し、国内外でのホームパーティ主催の経験と、5年間食のプロとして伝えてきた技を惜しみなく伝えます。

 

未来食ってどんな食事?

日本古来の和食の智恵と技がスタイリッシュに蘇り、あなたの新しい未来をつくる未来食として蘇りました。舌にも、カラダにも、心にも、地球にもおいしい未来食の心地よさをぜひ体感しに来てください。

あらゆる健康法を体験し、食に迷った私こばやしはつこが、やっと辿り着いたグルメと健康が両立する癒しの食を、わたしのストーリーとともにお伝えします。

8種類の雑穀を使ったおいしい試食をご用意してお待ちしております。
%e4%bd%93%e6%84%9f%e4%bc%9a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です