育児中に趣味を通してダイエット

キッチンから笑顔をつくる
未来食セミナーScene1講師、雑穀ベジグルメサロンHappy Kitchen代表 つぶつぶマザーはつこです。

育児中は何かとストレスがたまるもの、ストレス発散と趣味とダイエットが両立すれば楽しいですよね。とはいっても、育児中のママは大忙しで趣味やダイエットになかなか割くことができません。それなら発想の転換をしませんか?日々の家事を趣味にして、それでダイエットしちゃうっていうのはどうですか?

え〜、家事を趣味に???そんなの無理!という声が聞こえてきそうですが、ちょっとした発想の転換で家事も趣味になるんです。今日はそんな育児中に家事を趣味にしちゃって、それでダイエットもできちゃうお得な技を伝えます。

ダイエットと運動
ストレッチ

ダイエット法というと、運動と食事が主に挙げられますよね。そしてダイエットのため運動といえば有酸酸素運動。育児中に子供をおいてジムとか行けないし、ダイエットのためのウォーキングも子供を連れていたのでは長い距離はできません。かといってみんなが寝静まった後、ダイエットのためのビデオをみながら運動するといっても、子供を夜寝かし付けながら一緒に寝ちゃったり、最初は張り切るものの3日坊主ってことも。でも、わざわざ時間を取らなくても、家事をしながら、歩きながら、座りながらでもダイエットにつながる運動はできます。そして、ダイエットの成功はやっぱり長続きするかどうかですから、簡単に思い立った時にできることが大事です。そして育児中は子供を抱っこしたり、追っかけたり、育児そのものがダイエットでもあります。その機会を上手に利用するダイエットの方が育児中のお母さんにはぴったりです。

例えば、洗濯ものを干すとき、下の方の引き出しのものを取るときなど、腰をかがめるのではなく、膝を曲げて屈伸運動をするようにすれば、それだけで1日結構な運動量になり、ダイエット効果があります。最初のうちは気にしないとできないし、また足がとても疲れるような感じがするかもしれませんが、慣れてくると無意識のうちにそうしているでしょう。そうなったらこっちのもの。普段の動きがダイエットに繋がってどんどん引き締まったボディーになります。

また、歩くときに1日10歩ほどでもいいので内股で歩くと、内転筋(腿の内側の筋肉)が引きしまり、ダイエットにつながります。(ずっと内股で歩くのは逆によくないです。)また3歩目をいつも少し大股にするとか、立っているときはお尻の穴を少し閉めて、丹田(おへその下指3本分ぐらい下)に力を入れると、ぽっこりお腹のダイエットになります。これは座っているときも同じです。

カラダクリエイトきらくかんの奥谷まゆみさん、のDr.クロワッサン特別編集「座り方を変えるだけで、不調は治る!」クロワッサン特別編集「座り方を変えるだけで、不調は治る!」の本はオススメです。奥谷まゆみさんはつぶつぶのセミナー未来食セミナーScene1にも参加、つ ぶつぶインターネットラジオにも出演しています。そして、先日2ヶ月ぶりにあった料理教室の生徒さんが痩せていたので「痩せたね」って言ったら、この本を見て実践したら痩せたということでした。ダイエット効果抜群です。しかも座り方を変えるだけだから、育児中のお母さんも無理なくできます。産後すぐは、まだ骨盤も柔らかいので、この時期にきちんとした座り方をカラダに覚えこませれば、育児中のカラダの使い方が上手になり、抱っこ腰痛なんかと縁がなくなるかも。

 

このように、日常生活の姿勢だったり、動きを意識することで、大きなダイエット効果につながります。簡単、お金もかからないし、一石二鳥ですね。

ダイエットと食事「食べないで痩せる」から「食べて痩せる」の時代へ

食事でダイエットするといったら「食べない」「ローカロリーのものを食べる」というイメージがあると思います。だって、それじゃあココロが満足しませんよね。しかも、食べないダイエットやローカロリーのものを食べるダイエットはかえって危険なんです。食べるのを我慢するダイエットは、栄養不足になるし、痩せるときには脂肪だけでなく、骨や筋肉も痩せてしまいます。また見た目は痩せても内臓脂肪はそのままという不健康な痩せ方になってしまう危険性をはらんでいます。

我慢するダイエットは終わりました。

糖質制限ダイエットもいまやリバウンドや健康を損ねる危険性が大きいとしてブームも下火になってきています。ダイエットの流れは「食べて痩せる」に移行してきているのです。我慢するとカラダの機能が低下するので、我慢して痩せても今度は太りやすい体質になっていきます。またカラダの機能が低下するということは健康とは全く反対の方向へまっしぐらです。

あなたの育児中に「思いっきり食べてダイエットになる」という食事があったら嬉しくありませんか?しかも、野菜だけとか、ダイエット食品とかでなく、ハンバーグとか、グラタンとか、そんなものも食べられるような食事だとしたら、嬉しくありませんか?楽しくてワクワクしませんか?しかもダイエットだけではなく健康になり、しかも自分のやりたい趣味、その延長上の仕事が見つかるとしたら。そんな夢のような食事が「未来食つぶつぶ」なのです。

育児中も食べてダイエット

カラダの機能を活発化させる食事の中だったら、食べるものも、食べる量も制限はありません。自分のカラダの声を聞きながら楽しむ。これがこれからのダイエットの主流となります。Daietの本来の意味である「日常の食事」が健康を作るのです。そして自分のカラダの声が聞けるようになると、子供のカラダの声を聞けるようになります。そしてカラダや命というものに敏感になっている育児中は、本当はカラダの声を聞くダイエットの効果が出やすい時期でもあります。

育児中に、食事制限するダイエットをすると、イライラします。そのイライラを子供にぶつけたのではもともこうもありません。育児で一番大切なことは、お母さんがおおらかでいること。育児中のお母さんがカリカリしていたのでは、子供の情緒は安定しません。だからこそ、無理な食事制限ダイエットは育児中にはむきません。ダイエットが趣味という方もいらっしゃいますが、趣味をダイエットにした方が、人生の幅がうんと広がります。

料理を趣味にする方法

「わたし料理が好きなんです」なんて一度でもいいから言ってみたい、という方もいらっしゃるかもしれません。私は料理は趣味じゃないから、という方でも、一度料理に真剣に向き合ってみてください。このとき料理といっても、何か特別なものを作らなくてはならないのではありません。きゅうりを切る、ごはんを炊飯器で炊く、というのも立派な料理です。例えばきゅうりを切るときに、まずきゅうりを触ってみましょう。トゲトゲしている?それともツルツル?重い?軽い?よく見てみましょう。白い粉が吹いている?光っている?傷がある?端っこを少し切ってかじってみましょう。苦い?甘い?青臭い?水水しい?

そんなことを感じた後に、切ってみてください。包丁がきゅうりに入っていく感じを味わってください。滑らか?引っかかる?手の動きを感じてください。上下に動いてる?滑るように動いてる?包丁の握り方は?まな板と自分の立ち位置は?切った野菜の断面はどんな感じ?

などなどきゅうりを切るだけで色々な発見があります。自分の包丁使いのくせ。立っているときの重心の置き方のくせ。普段は意識したことのない日常的なあなたの何気ない習慣が、「きゅうりを切る」という作業の中にも現れてきます。そしてこうやって切っていくうちに色々見える世界が広がってきます。今まで気づかなかったきゅうりによってイボイボの形が違うこと。鮮度によって色が変わること。などなどどんどん世界が広がっていきます。そのほかにも、盛り付けでいまの気分を表現したり、ちょっとテーブルコーディネートを楽しんだりと、料理は多くの世界を広げてくれます。

「趣味」という言葉を調べると

1 仕事・職業としてでなく、個人が楽しみとしてしている事柄。「―は読書です」「―と実益を兼ねる」「多―」
2 どういうものに美しさやおもしろさを感じるかという、その人の感覚のあり方。好みの傾向。「―の悪い飾り付け」「少女―」
3 物事のもっている味わい。おもむき。情趣。

と出てきます。

趣味というのは何もお稽古ごととかだけでなく、目の前のことを味わい面白さを感じることが趣味なんです。こうやってきゅうりを切るひとつの行為に対しても、自分の向き方で、趣味になるんです。そしてすべての事柄が真剣に向き合うことで趣味になり、自分の中に蓄積され智恵となります。育児中に料理を作るのは面倒と思いがちですが、「料理」をこんな感覚で捉え、趣味になれば、美味しいものができる結果がついてくるし、「未来食つぶつぶ」なら、育児中に美味しく食べてダイエットできるという嬉しい効果もついてきます。

さらに、料理は決断の連続なので、毎日の料理で決断力が養われるというおまけつき。

料理は人との出会いの場

育児中は何かと家に子供とずっといて出かけるのも面倒になってしまいがちです。そこで、料理教室に足を運びませんか。料理教室は人との出会いの場になります。Happy kitchenではほとんどのクラスが子連れオッケーとなっています。私自身も子育て中のママなので、子供が騒ぐこと、子供が動き回ることなどは体験積み。どう対処していいかもわかっています。そしてほかにもこ育て中の人も多くくるので、自分だけの悩みだと思っていたら、みんな同じ悩みを持っていたと安心したという方、先輩ママさんの話を聞いて安心したという声をよくききます。

日々の料理への向き合い方で、料理を趣味にして、料理教室に通って、さらに人との出会い、料理の奥深さ、料理で自分チューニングができる料理教室は「未来食つぶつぶ料理教室」だけ!

ぜひ足を運んでくださいね。

「未来食つぶつぶ」で育児中につぶつぶ初めてダイエット成功者続出

産後太り解消したOさん

産中、産後で10キロ以上太ってしまったOさん。ダイエットはもうとうの昔に諦めていたんだそう。病気をきっかけに「未来食つぶつぶ」に出会い、料理教室にも通い、未来食セミナーScene1にも参加し、家で未来食つぶつぶ生活を実践していました。最初のうちはもうごはんが食べたくて、食べたくて、食欲に任せて食べたいだけ食べていたんだそう。1ヶ月後、自分の体が軽いのに気がつき、体重計に乗ってみると、なんと好きなだけ食べていたにも関わらず、体重が3キロ痩せていたんだそうです。その後も美味しいから木に絵sずどんどん食べていたら、みるみるうちに痩せていって、半年後には6キロ、1年後には10キロ痩せて、妊娠前の体重に戻って喜ばれていました。諦めていたダイエットが、我慢しないで、美味しいといって食べているだけで成功するなんて夢のようです。と語ってくださいました。そして無理して痩せたわけではないのでリバウンドもなし!夢のようですよね。

育児中の鬱気味だったのが解消さらにダイエット効果までKさん

子供が生まれる前までは料理を作るのも好きだったにもかかわらず、産後は思うようにいかない子育てに食事を作ることも面倒になり、また乳性炎になったりしたこともあって、心はどんどん落ち込むばかり。我が子はかわいいものの鬱状態になっていきました。そんな時に未来食セミナーScene1に出会い、料理教室に通うようになって、どんどん気持ちが晴れていきました。最初にあった時とは別人のようになったKさん。最初は「なんで?」「どうしたらいいですか?」の連続だったのが、たった1回の料理教室で前向きな表現が増え、顔色も明るくなっていきました。それから数ヶ月たったいまは、子育てを楽しみながら、たくさん食べているのにダイエット効果がありスリム美人になっています。

おいしいもの、甘いものを食べて痩せるミラクルな食生活「未来食つぶつぶ」がどんなものか是非体感してみませんか?

体感会7月開催

本日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

 

こちらでお友達におすすめできます!

がんばらない時短クッキング

料理教室バナー(試作)

簡単!おいしい!目からウロコの料理術に触れてみませんか。今までの常識にとらわれない新しい発想が、新しいおいしさと、あたらしいあなたを作ります。

単に料理だけでなく、食を通して暮らす、輝いて生きるを提案するHappy Kitchenの料理教室。世界のグルメを体験し、国内外でのホームパーティ主催の経験と、5年間食のプロとして伝えてきた技を惜しみなく伝えます。

 

未来食ってどんな食事?

日本古来の和食の智恵と技がスタイリッシュに蘇り、あなたの新しい未来をつくる未来食として蘇りました。舌にも、カラダにも、心にも、地球にもおいしい未来食の心地よさをぜひ体感しに来てください。

あらゆる健康法を体験し、食に迷った私こばやしはつこが、やっと辿り着いたグルメと健康が両立する癒しの食を、わたしのストーリーとともにお伝えします。

8種類の雑穀を使ったおいしい試食をご用意してお待ちしております。
%e4%bd%93%e6%84%9f%e4%bc%9a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です