食事のプロが伝える生理痛を改善する食事や食べ物

 

キッチンから笑顔をつくる
未来食セミナーScene1講師、雑穀ベジグルメサロンHappy Kitchen代表 つぶつぶマザーはつこです。

女性の悩みの原因にもなる生理。生理痛がひどいと毎月の生理がやってくるのが憂鬱になります。でも、本当は生理は絶好のデトックスタイム。カラダとココロをリセットできる女性に与えられたとってもラッキーな機会なのです。食事や食べ物を変えることによって劇的に生理痛が改善します。しかも効果は早く現れます。今日は毎月の生理が楽しくなる、食事のプロだから伝えられる、そして体験談をもとにした「生理痛を改善する食事や食べ物」についてお話しします。

生理痛の原因

一般的に生理痛の原因とされているのは以下の3つです。

1)子宮を収縮させる「プロスタグランジン」の分泌量が多い

生理がはじまると「プロスタグランジン」という物質が分泌され、子宮を収縮させることで必要がなくなった子宮内膜を子宮の外に排出します。このプロスタグランジンの分泌量が多すぎると子宮を必要以上に収縮させてしまいます。そのため、軽い陣痛のような痛みを下腹部や腰に感じます。

2)子宮の出口が狭い

生理で剥がれた子宮内膜が排出される子宮の出口が狭いと、なかなかベッドを排出できず痛みを感じます。出産経験がある女性は、出産経験のない女性よりも子宮の出口が広がるため、出産により生理痛が軽くなる人もいる。

3).冷えやストレスによって、血行が悪くなっている

冷えやストレスにより血行が悪くなります。そして血行が悪いと、骨盤内の血流が足りないため子宮や卵巣が正常に働かなくなり痛みを感じることがある。

生理痛改善方法

生理痛を改善したい!と思っても、上記3つの生理痛の原因を直接的に改善することで生理痛を軽減することはとっても難しいとは思いませんか?特に「プロスタグランジン」の分泌や子宮口の出口の大きさを、自分の意思をもって改善しようと思ってもできることではありません。また、自分がどの原因で生理痛になっているかを自分で判断するのも容易ではありません。

だったら、どうしたらよいのでしょうか。

そもそも、これからの原因の根本はカラダのシステムがうまく働いていないことにあります。私たちのカラダはとても精巧にできています。そしてちょっとやそっとじゃ壊れにくいように、何重にもバックアップ機能がついています。そんな私たちのカラダ本来の働きが充分に機能すれば、自ずと上記の3つの原因が消えていき、生理痛が改善していくのです。

生理痛改善にはどんな食事や食べ物がよいのか説明する前に、まずは私を含めた3人の生理痛がひどかったことの食べ物を体験談とともにご紹介します。

体験談1:薬も効かないほどの生理痛だった人の食事や食べ物

アメリカでつぶつぶ料理教室やセミナーを開催している更田恵子さんの生理痛にまつわるストーリーです。(『未来生活応援マガジンつぶつぶ』の記事をまとめました)

小学生の頃からお菓子作りが大好きで、毎日のようにケーキ屋パンを作っていたというお菓子大好き少女。大学生になってもごはんを抜いて代わりにデザートを食べることもあるという食生活を送っていました。そんな食生活のせいで、平熱は35℃台で極度の冷え性。薬を飲んでも効かないほどのひどい生理痛や便秘の日々でも、自分の体質だからしょうがないと半ば諦めていました。

しかし、未来食つぶつぶに出会い、自分の砂糖中毒の原因とそれを改善する方法がわかり、雑穀入りごはん、味噌汁、漬物と、砂糖も乳製品も使わずにできるスウィーツを毎日食べていました。すると、食生活を変えて3ヶ月もたたないうちに生理痛が消え、体は温かくなり体温が「36.8℃」。お通じがよくなり、肌は艶やかに、不安定だった心も穏やかになりました。

体験談2:偏頭痛、生理痛、PMS(月経前症候群)、便秘、花粉症など不調オンパレードの人の食事や食べ物

現在つぶつぶエンジンルームでセミナー運営マネージャーをしている松井俊子さんのストーリーをです(つぶつぶ料理体感会のチラシで語っているご自身の体験談をまとめました)

フリーランスの編集者として毎日パソコンに向かって原稿を書きながら延々とお菓子を食べ続けていました。頭を使うから糖分が必要と自分に言い訳をし、バラエティーパックのチョコレートを1日で空っぽにしたり、ファミリーサイズの1リットルのアイスや、通販で取り寄せたケーキワンホール丸ごとを1回で食べ切ることも日常茶飯事。ごはんを食べない日はあってもスイーツを食べない日なんてありませんでした。

そうやって私の体は冷え性・便秘・花粉症・偏頭痛・肩こり・PMS(月経前症候群)・急性胃炎を繰り返すなど、様々な問題を抱えていきました。そしてつぶつぶに出会い、つぶつぶ料理がおいしくて、ただ毎日作って食べ作って食べ…を続けていたら、だんだんと味覚が整って砂糖を欲しなくなったのです。また、つぶつぶの学びを続けていくうちに、見事に砂糖中毒から脱出できました!しかもスイーツを我慢することなくです!今は、ほとんど甘いものを食べなくなりました。おやつはしょっぱいもののほうが好きです。砂糖に侵されていた頃の自分からすると、信じられません。

そして、砂糖 断ち成功と同時に、身体も変わってきました。冷え性・便秘・花粉症・偏頭痛・肩こり・PMS(月経前症候群)・急性胃炎と抱えていた様々な問題が綺麗さっぱりなくなったのです!つぶつぶ料理をただただ楽しんでいただけです。それなのに、治らないと思い込んでいた花粉症も治り、朝起きたときのだるさもなく、毎月の生理に怯えることもなくなりました。

体験談3:冷え性、貧血、生理痛の人の食事や食べ物

私の食生活は小さ頃から西洋型。料理好きだった母の作るグラタン、コロッケ、ラザニアなどを食べる毎日でした。母は食事もお菓子も手作りにこだわっていましたが、ごはんは少なめ、おかずたっぷり、乳製品もたくさん使う食生活で育ちました。そんな食生活でしたが妹たちはアトピーや喘息持ちでしたが、カラダがもともと強かったのかわたしは健康優良児で、病気もほとんどしませんでした。

しかし、高校生ぐらいから自分の体調不良を感じるようになり、通学途中で貧血による立ちくらみに悩まされることになりました。大学生になると、生理痛の薬を飲むようになり、貧血もさらに悪化、冷え性も自覚するようになりました。その頃の私は体型を気にして「摂取カロリーを抑えたい」でも「お菓子は食べたい」という気持ちから、ごはんや油物を控えてお菓子を食べる、という生活をしていました。

体験談から読み解く生理痛になる人の食事、食べ方

3人の食生活共通の食べ物が、砂糖、乳製品を使ったお菓子です。そこからお菓子が生理痛と関係していることがわかります。わたしの生理痛がひどくなったのも、自分で好きなお菓子を自由に買えるようになってからです。そしてダイエットということばがちらつき、カロリーを気にする。だけど甘いものはやめられない。だからごはんを食べるのを制限して、お菓子を食べる、という食生活が生理痛を引き起こしています。

一般的に生理痛の原因がカラダの冷えと言われているように、ごはんを減らして甘いものを食べるという食生活がカラダを冷やし、生理痛や様々な女性特有の不調を生み出しているのです。そして3人が生理痛の改善につながった食べ物は、炊いた穀物であるごはん、味噌汁、漬物を中心とする和食でした。ごはんをしっかり食べることで、甘いものが嘘のようを食べたくなくなるだけでなく、カラダ本来の機能が動きだし、カラダがあたたまります。恵子さんの体温が食事を変えただけですぐに上がったことでもわかりますよね。

太る=「カロリーオーバー」ではなく、太る=「カラダの排出機能が低下している」または「カラダが排出しにくい食べ物を食べている」ということなのです。カラダが排出しやすい食べ物を食べ、カラダの排出機能を高めていけば、食べているのにダイエットになり、そしてそれが冷えを改善して生理痛など女性の慢性症状を緩和してくれえるという夢のような現実が手に入ります。

今すぐ食べないダイッットをやめて「食べるダイエット」。しかも特定の食品を依存的に食べるのではなく、ごはん、味噌汁、漬物といった普通の食事をはじめましょう。そうすれば生理痛ともサヨナラできますよ。しかも「未来食つぶつぶ」なら、古典的な和食を新しいベジグルメに変身させてくれる技がたくさんあります。ハンバーグだって、ナゲットだって、グラタンだって、雑穀と野菜だけで作れます。

カラダの中からポカポカになって、生理痛ともさよなら。しかも、おいしいと言って食べているだけでそれができちゃう奇跡の食「未来食つぶつぶ」の秘密、もっと知りたい方は「つぶつぶ料理体感会」を開催しますのでぜひ足をお運びください。おいしい8種類の雑穀を使った試食付きですよ。

*体験談はあくまでも本人たちの感じていることです。

こちらでお友達におすすめできます!

がんばらない時短クッキング

料理教室バナー(試作)

簡単!おいしい!目からウロコの料理術に触れてみませんか。今までの常識にとらわれない新しい発想が、新しいおいしさと、あたらしいあなたを作ります。

単に料理だけでなく、食を通して暮らす、輝いて生きるを提案するHappy Kitchenの料理教室。世界のグルメを体験し、国内外でのホームパーティ主催の経験と、5年間食のプロとして伝えてきた技を惜しみなく伝えます。

 

未来食ってどんな食事?

日本古来の和食の智恵と技がスタイリッシュに蘇り、あなたの新しい未来をつくる未来食として蘇りました。舌にも、カラダにも、心にも、地球にもおいしい未来食の心地よさをぜひ体感しに来てください。

あらゆる健康法を体験し、食に迷った私こばやしはつこが、やっと辿り着いたグルメと健康が両立する癒しの食を、わたしのストーリーとともにお伝えします。

8種類の雑穀を使ったおいしい試食をご用意してお待ちしております。
%e4%bd%93%e6%84%9f%e4%bc%9a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です