食事のプロが伝える食事が母乳に与える影響について

キッチンから笑顔をつくる
未来食セミナーScene1講師、雑穀ベジグルメサロンHappy Kitchen代表 つぶつぶマザーはつこです。

昭和40年代は母乳だけでは栄養が足りないとして、粉ミルクとの併用が叫ばれていましたが、いまは母乳の重要性が見直されて、どこの病院でも母乳育児をすすめるようになっています。でも母乳育児では、乳性炎や赤ちゃんに乳首を噛まれるなどのトラブルなども多くあります。食事を変えて母乳の質に影響して、乳性炎などのトラブルもなく、また子育て自体がとっても楽になるんです。そんな秘密を、食のプロ、そして子育て経験者(というか経験中ですが)だから伝えられる「食事が母乳に与える影響」についてお伝えします。

母乳のしくみ

羊水の中での成長を終えて、空気の世界に誕生した赤ちゃんが飲む母乳は、お母さんの赤い血液が乳腺の途中で白く変化したもの、まさにお母さんの血液です。お腹の中ではへその緒を通じて、そして生まれてから、お母さんの血を母乳という形で分けてもらうことで、赤ちゃんは健やかに生きることができています。母乳は赤ちゃんを守る栄養の宝庫なのです。

人間の母乳には、脳を最優先に育てながら、ゆっくりと充実したカラダをつくっていくための栄養バランスが整っているものといわれています。動物の母乳はそれぞれその動物が最適に成長するための栄養配分になっています。牛乳は牛のためのもので、人間のためのものではありません。そして母乳には赤ちゃんを健康に育てるすべての栄養分が含まれています。母乳を飲んでいれば私たちは元気に成長するようにできているのです。

食スタイルの変化による母乳の質への影響

お母さんの食べたものが、お母さんの血液となって、その血液が母乳となります。ということはお母さんが食事の質が母乳にダイレクトに影響します。私たちの食生活は戦後ガラリと変わりました。西洋からもたらされた新しい食生活によってごはんと味噌汁を基本とする食事から、おかず中心の西洋型食事に変わりました。そして西洋型食事をしている母親の母乳は、ごはんと味噌汁を基本とする日本の伝統的食事をしている母親の母乳とは全く質が異なります。さらに、農薬、添加物、薬など今まで存在しなかった化学物質は私たちの血液を汚し、母乳にも影響しています。

あとで詳しくお話ししますが、たいてい赤ちゃんはお母さんが前の日にジャンクフードを食べて、質の悪い母乳になっていたとしても、目の前の食事を感謝の心でいただきます。「お母さん昨日ジャンクフード食べてたから心配だなた〜」と思って母乳を飲んでいるのではありません。でも、最近はあまりにも食事が乱れ、血液が汚れているので、赤ちゃんも本能的に母乳を飲まない、という現象が起きています。これは本当に悲しいことです。

食べ物の質が母乳の質に影響する具体例

はつこの場合

妊娠期、私は玄米を主に食べていました。玄米に雑穀を混ぜたごはんを主食にしていました。そして食事には気を使っていたので、母乳の質には自信があったつもりでした。しかし、私の母乳はドロドロで、乳性炎には至らなかったものの詰まりやすくなっていました。それは玄米が影響していたことが途中でわかり、玄米をやめ、雑穀ごはんにしたら乳腺がつまらなくなりました。なので、健康のために玄米をたべている人で乳性炎になりかけている人は、もしかすると玄米食のせいかもしれませんよ。

またそれ以外にも私は娘に母乳をあげているとき、食事と母乳の味にどんな変化があるのか興味があって、いろんな実験をしました。玄米ごはんを食べると母乳はドロドロとなんか糠臭い感じになります。野菜が多いと、ちょっと青臭い苦いような味になりました。甘いものを食べてしまうと、これもドロドロとして甘みの強いものになります。ごはんを沢山食べていると、ほんのり甘くなります。このように本当に食べたものが母乳に影響することを体感しました。そして食事が母乳に影響するまでの時間は意外にも短かったことを記憶しています。

ある姉妹の場合

以前で母乳はでるのに、子供が母乳を飲んでくれなかったと言う方に出会いました。その方の食事はジャンクフードやインスタント食品などばかりというもので、そんな食生活は妊娠しても変わらなかったそうです。そして子供が生まれ、母乳を与えようとしても飲んでくれない。ちょうど同じ頃に子供を産んだお姉さんがいたので、お姉さんがだっこすると子供がなにやらおっぱいを欲しがっている様子。お姉さんが冗談でおっぱいを出すと、なんと飲んだんそうです、普段母乳を飲まない赤ちゃんが。

これに妹さんは大変ショックを受けました。お姉さんは健康に気遣った食をしていたそうですので、食事の質が母乳に影響していたんですね。妹さんはこれをキッカケに食を改善し、母乳も飲んでもらえるようになったそうです。食事が母乳に影響し、それが赤ちゃんの成長にも影響するという例のひとつですね。

食事のプロが伝える質のよい母乳のための食事

質の良い母乳を作るには、質の良い血液、つまりサラサラな血液を作るような食事をすればいいということになります。食事が血液に影響し、血液が母乳に影響するわけですから。逆に避けたいのは、ドロドロの血液になるような食事です。血液がドロドロの状態とは、血液が酸性に傾いている状態です。そしてサラサラな血液の状態は、弱アルカリ性の状態を指します。人間のカラダの中では、毎日酸性のゴミが大量に発生します。そして、その毎日発生する大量の酸性のゴミを中和して排泄するのは、弱アルカリ性の性質を持った血液なのです。そして弱アルカリ性の血液からできる母乳が質のよい母乳ということになります。

そして、お母さんと赤ちゃんの健康を保つ、サラサラの弱アルカリ性の血液を作るには、アルカリ性の食事を意識してとることが必要になります。そしてそれが、雑穀が主役の穀物と野菜中心の食事なのです。

肉や魚、卵、乳製品などの動物性食品や、砂糖、人工的な食べ物は非常に強い酸性なので、なるべく食べないことをお勧めします。そして穀物を主役に、アルカリ性の野菜や海藻をしっかりとり、アルカリ性の自然海塩や味噌、醤油などの日本の伝統調味料で調理して作るアルカリ性の食事をしていると、血液が弱アルカリ性にととのい、カラダの中をいつもクリーンに保つことができ、母乳の質が向上します。

そしてアルカリ性の食事をしてできた母乳を飲むと、元気な細胞がどんどん生まれて、元気な赤ちゃんに育ちます。それだけでなく、お母さんの若さと健康を保ちます。また、穀物と野菜が主役の食事をしていると、お母さんのカラダの中の浄化がどんどんすすみ、カラダ中に元気で免疫力の高い健全な血液が満ちて、おいしいエネルギーに満ちた母乳が湧いてきます。母乳の質がよくなれば、当然、乳性炎とも縁がなくなります。また母乳の栄養バランスがよければ赤ちゃんは心身ともに満足して、カラダの健やかな成長だけでなく、情緒も安定して、いつもニコニコと機嫌がよく、夜もぐっすり眠ってくれます。結果的にお母さんも赤ちゃんも不安やストレスの少ない、楽チン子育てが実現します。

母乳の質を高める食事をするということは、赤ちゃんを元気にするためでなく、お母さん自身も健康にしてくれます。そしてそれはカラダだけでなく心も健康にしてくれるのです。

母乳の質を高める食事の基本チェック項目

雑穀を主役とする穀物と野菜中心の食事のチェック項目は以下の通りです。

1)雑穀入りごはん、または雑穀おかずを食事の7割にする。

2)自然海塩を「おいしい」という加減まで使う。

3)味噌・醤油・梅酢・甘酒などの日本の伝統発酵調味料と伝統製法で絞られた菜種油・ゴマ油を使う。

4)野菜と海藻を毎日食べる。

5)漬物を毎食食べる。

6)エゴマ、ゴマ。くるみなどを毎日の食卓のアクセントに使って楽しむ。

7)お日様のパワーあふれる乾物(高野豆腐、切り干し大根、干しきのこ、ドライフルーツなど)を活用する。

8)飲み物はカラダを冷やしすぎないほうじ番茶を飲む。

これらのチェック項目に従った食生活、実は授乳後でもずっと続けられます。私は授乳後に知りましたが、この食べ方を続けて、心身ともにびっくりするほど健康になりました。そしてそんな食生活がHappy Kitchenでも提唱している「未来食つぶつぶ」なのです。

母乳の質を高め、元気な子供を育て、楽チン子育てが実現する奇跡の食「未来食つぶつぶ」の秘密、もっと知りたい方は「つぶつぶ料理体感会」を開催しますのでぜひ足をお運びください。おいしい8種類の雑穀を使った試食付きですよ。

体感会7月開催

本日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

こちらでお友達におすすめできます!

がんばらない時短クッキング

料理教室バナー(試作)

簡単!おいしい!目からウロコの料理術に触れてみませんか。今までの常識にとらわれない新しい発想が、新しいおいしさと、あたらしいあなたを作ります。

単に料理だけでなく、食を通して暮らす、輝いて生きるを提案するHappy Kitchenの料理教室。世界のグルメを体験し、国内外でのホームパーティ主催の経験と、5年間食のプロとして伝えてきた技を惜しみなく伝えます。

 

未来食ってどんな食事?

日本古来の和食の智恵と技がスタイリッシュに蘇り、あなたの新しい未来をつくる未来食として蘇りました。舌にも、カラダにも、心にも、地球にもおいしい未来食の心地よさをぜひ体感しに来てください。

あらゆる健康法を体験し、食に迷った私こばやしはつこが、やっと辿り着いたグルメと健康が両立する癒しの食を、わたしのストーリーとともにお伝えします。

8種類の雑穀を使ったおいしい試食をご用意してお待ちしております。
%e4%bd%93%e6%84%9f%e4%bc%9a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です