食事のプロが伝える冷え性の改善につながる食べ物や飲み物

おもてなし雑穀料理で未来を変え未来食セミナー講師、雑穀ベジグルメサロンHappy Kitchen代表つぶつぶマザーはつこです。

トカゲ女と言われたほどの冷え性が食べ物で改善

女性を悩ます冷え性。わたしもずっと冷え性に悩まされていました。一番ひどい時は夜もなかなか眠れないほどでした。冬はもちろんのこと、夏はクーラーや扇風機の風があたるとすぐにカラダが冷えてしまい、クーラーをつけたい夫との間でよく喧嘩になりました。

自分のカラダがなぜ冷えるのかの原因がわからず、いつしか私は冷え性の体質で治らないと思い込んでいました。

でも、いまは自分が過去冷え性だったことさえ忘れてしまうほど、カラダが芯からポカポカとあたたかく、靴下とも厚着ともおさらばできました。自分でもびっくりするほどあっという間に冷え性が改善したその方法はとっても簡単な食べ物や飲み物を変えるだけ。とってもシンプルで、しかも美味しいので毎日続きます。しかも、カラダ本来の機能を回復させ、フル稼動させてくれる食べ物や飲み物なので、冷え性だけでなく、カラダのあらゆる不調改善対策になります。

私自身も、ある法則にのっとり食べ物や飲み物を変えただけで、冷え性のほかにも悩みの種だった、便秘、貧血もすっかり改善されました。肌荒れまで改善し、日々の食べ物と飲み物を変えてからハンドクリームは一切塗ったことがないのにしっとりした手、乳液やクリームいらずのしっとりお肌が手に入りました。

そこで今日は「食事のプロが伝える冷え性の改善につながる食べ物や飲み物」について見ていきたいと思います。まずは冷え性改善のためその原因をみていきましょう。

冷え性の一番の原因となる食べ物、飲み物

冷え性の根本的原因は『血液の質』にあります。そして血液の質を左右するのが、私たちが日々口にする食べ物や飲み物の質と大きく関連しているのです。

なぜ食べ物や飲み物を変えることが大事か

冷え性を改善するときに、分厚い靴下を重ねばきしたり、洋服を何枚もきたりするなど、表面的に冷えを改善する方法もあります。しかし、これらは冷え性に対する対処法であって根本的な改善にはつながりません。冷え性改善につながらないだけでなく、外から温めることによってカラダ本来の発熱する力が弱まり、冷え性が悪化してしまうことさえあるのです。

また冷え性の原因のひとつである、筋肉が少ないことなどによる血行不良を改善する方法として、運動が挙げられます。確かに筋力をつけることで血液を押し出す力が高まり、血流が良くなり、冷え性が改善につながります。しかし、冷え性の根本的原因である『血液の質』を解決せずに、運動や外側から温めることによって冷え性を改善することは難しいのです。

温かくてサラサラの質の良い血液になれば、血流もよくなり冷え性の根本的改善につながります。そして、血液の質は食べ物や飲み物の質に左右します。日々口にする食べ物や飲み物を、カラダを冷やし、血液をドロドロにするようなものから、カラダを温めるものに変えることで、血液の質が向上します。そしてこれが冷え性の根本的解決につながるのです。

冷え性を改善する最も効果的な方法は、まずカラダを冷やす食べ物や飲み物の摂取を減らし、逆にカラダを温める食べ物や飲み物を日々の食卓に取り入れていき、カラダ本来の機能をフル活動させることなのです。

カラダを冷やす食べ物、飲み物の見分け方

どんな食べ物や飲み物がカラダを冷やし、どんな食べ物や飲み物がカラダを温めるのでしょうか。陰性の食べ物、陽性の食べ物という言葉を聞いたことのある方もいらっしゃるかと思います。『陰性の食べ物や飲み物=カラダを冷やす作用のある食べ物や飲み物』、『陽性の食べ物や飲み物=カラダを温める作用のある食べ物や飲み物』です。そしてこの陰陽の食べ物、飲み物の性質をわける基準のひとつが「どこで育つ食べ物、飲み物なのか」ということです。

気候と食べ物の性質

気候はそれぞれ場所によって違います。そして気候の違いにより育つ植物も異なります。その土地、その時期に育つ植物から、その時期、その土地で生きるための抵抗力と適応力をわたしたち人間は頂いています。もし極寒の地で、カラダを冷やす野菜ばかり育ったら、そこに住む人はカラダを壊してしまいますよね。自然はそんな意地悪はしません。その土地の気候にあった性質の植物が育ち、その植物を食べることで、その季節にあった体調を整えるカラダをつくることができるのです。

暑い地方に育つ植物で作った食べ物や飲み物はカラダを冷やし、寒い地方に育つ植物から作った食べ物や飲み物はカラダを温めます。また、暑い季節に育つ植物から作られた食べ物や飲み物ははカラダを冷やし、冬に育つ植物で作られた食べ物や飲み物はカラダを温めるのです。その土地で採れたものをその土地で食べるという「自産自消」は経済効果、輸送距離削減による環境汚染の改善効果の面から有効なだけでなく、わたしたちの健康のためにも実は有効なのです。そして「旬の野菜を食べる」ということも、私たちのカラダを調整するためにはとても重要なのです。

旬を食べるということの意味

日本には四季があり、夏にはナスやトマトといったカラダを冷やす食べ物が育ち、秋になると冬に備えるために身の詰まった芋類などが育ち、冬にはカラダを温める作用のある根菜が、春には冬にカラダに溜まった毒素を排出するために苦味のある山菜がでてきます。こうやって人間はその土地に育つものを食べることによって、それぞれの土地で元気に生き抜いてきたのです。

しかし、流通システムや技術の発達などにより、その土地で育つ以外の食べ物や飲み物や輸入され、季節とは関係なく年中同じ野菜が食べられるようになりました。季節感覚が麻痺し、旬を忘れれることによって、私たちは季節の移り変わりや自然の流れから切り離されていきました。そして、カラダを冷やさない方が良い季節でさえ、カラダを冷やす作用のある陰性の食べ物や飲み物を口にするようになり、カラダを冷やしすぎる傾向に陥り、冷え性の人が増えているのです。冷え性といえば女性の専売特許でしたが、最近では男性の冷え性も増えているそうです。これも旬を忘れ、季節感のない食べ物や飲み物を日々の食生活に取り入れていることによるものだと思います。

その土地でその季節に育つ食べ物や飲み物を摂取すること、旬の地野菜を食べ、その季節にあったも飲み物を飲むことが、冷え性の最大の改善方法になるのです。

カラダを冷やす食べ物と温める食べ物

%e5%86%b7%e6%9a%96

カラダを冷やす食べ物や飲み物

カラダを冷やす食べ物は、トロピカルフルーツ、コーヒー、ココナッツなどの暑い地方の食べ物や飲み物、暑い季節に育つトマトやキュウリ、ナスといった夏野菜などです。そして暑い地方でしか育たないサトウキビを原料とした砂糖はカラダを冷やす代表選手です。また果物も果糖が多いので、カラダを冷やす食べ物なので、食べ方には気をつけた方がよいでしょう。酵素やビタミンを摂取しよう、食物繊維を摂取しようと、毎朝果物や野菜のスムージーを飲むのはカラダを冷やし過ぎてしまいますので、冷え性改善にはオススメできません。また、果物の果糖が、実はシミ・シワの原因にもなるのです。詳しくは「食事や料理で肌がきれいになる方法」をご覧ください。

カラダを温める食べ物や飲み物

一方カラダを温めるのは寒い地方で育つものや、寒い時期に育つ根菜類などです。

カラダを温める食べ物として生姜が一般的に挙げられます。生姜紅茶や生姜湯などはカラダを温める飲み物として冷え性改善に推奨されています。しかし、生姜はそもそも暑い地方で育つものなのでカラダを冷やす、陰性の食べ物なのです。生姜を食べてカラダが温まったと感じるのは発汗作用があるからです。でも発汗作用があるということは、汗を出すということでその気化熱によってカラダの温度を下げるということです。だから、生姜を食べた直後はカラダが暖かくなっても、その後はカラダが急激に冷えていきます。カラダを温めるからと生姜をせっせと摂取するのは冷え性改善とは逆効果です。ただし、カラダを温める作用のある飲み物に、ちょっとだけ生姜を加えると相乗効果でカラダの温まる作用が高めることができます。

また、動物性食品はカラダを温める作用があります。しかし、動物性食品は血液の流れを害し、冷え性の根本的改善にはなりません。また、動物性食品をたくさん食べることは、カラダにとって大きな負担となるのでオススメしません。「糖質制限食経験者が語る健康のためには夜ご飯を食べない方がよいのか」に動物性食品のカラダへの負担について書いていますので、よかったらお読みください。

あたたかい飲み物はカラダを温めるイメージがありますが、コーヒーも暑い地方の食べ物なのでホットで飲んでもコーヒーはカラダを冷やします。寒い日にカラダを温めるため飲み物としてコーヒーや、あたたかいココアなどが挙げられますが、どちらカラダを冷やす作用があるので、冷え性改善には向いていない飲み物なのです。

逆にカラダを温める作用のある飲み物の代表選手は甘酒です。甘酒はは冷たくして飲んでもカラダが温まります。冷たい甘酒ががカラダを温め、熱々のコーヒーがカラダを冷やす飲み物なのです。カラダを温める飲み物かどうかは、飲み物そのものの温度とは関係ないのです。甘酒で作ったアイスは、冷たいのにカラダを温め、冷え性を改善してくれながら、腸も元気になって若返るという不思議で嬉しい食べ物です。


カラダを温める甘酒アイスのパフェ

冷え性を改善する食生活

%e3%81%82%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%81%8b%e3%81%84%e3%83%8b%e3%83%a3%e3%83%b3

はつこの体験記

私のひどい冷え性は食生活を変えて改善しました。それも冷え性を改善するために、カラダを温める特別な食べ物や飲み物を積極的に日々の食生活に特別取り入れたわけではありません。特別なものではなく、毎日の普通の食べ物や飲み物で冷え性が劇的に改善しました。カラダの陰陽のバランスを乱さない穀物を主体に、カラダを温める塩をしっかり使って料理し、漬物や味噌汁などカラダを温める食べ物や飲み物であふれる「未来食つぶつぶ」を始め、冷え性があっという間に改善しました。

初めて1ヶ月でカラダが変わり冷え性改善の兆しが見えました。3ヶ月でもう冷え性は改善していました。台所に立つと靴下を何枚履いても足先が冷たくなってしまうことから、キッチンをリフォームした時には足元暖房をつけました。でも、リフォーム中に食生活を変えたら、もう足元暖房が必要なくなってしまいました。今では1年の多くの期間を裸足で過ごしています。冷房や扇風機負けもしません。夫との喧嘩もなくなりました。

冷え性と減塩の関係

塩にはカラダを温める作用があります。一方実は野菜そのものはカラダを冷やす作用があります。そこで、塩の摂取なしに、野菜を、しかも生でたくさん食べるのは、冷え性を悪化させてしまいます。野菜は火を通して、しかも野菜の重量の1パーセントほどの塩をきちんと聞かせて食べるのが基本です。1パーセントの塩加減は、野菜の旨味と甘味を引き出してくれます。1パーセントの塩をして蒸した野菜を食べてみてください。今までに気づかなかった野菜の甘さにびっくりしますよ。

冷え性を改善した私の食生活は、肉などの動物性食品を食べない食生活です。だからといって野菜ばかりを食べているわけではありません。実は野菜の摂取量はそんなに多くありません。むしろ肉を食べていた頃の方が野菜は食べていました。そのかわりに増えたのが穀物の摂取量です。

穀物はカラダを冷やすぎたり、温めすぎたりしません。穀物にしっかりとミネラルたっぷりの自然海塩を摂取することで私の冷え性は劇的に改善しました。

冷え性を改善したいと思っているあなた?減塩してませんか?それでは、いくら冷え性対策をしても根本が改善されないので効果が現れません。伝統製法で作られた自然海塩にはミネラルもたっぷり。カラダを温め、整え、冷え性も改善してくれます。減塩から「おいしい」と感じる「適塩」に変えてみませんか。そして、カラダを冷やす砂糖入りのお菓子や、スムージーの代わりに、カラダを温める甘酒を使ったお菓子やスムージーで、美味しく楽しく、我慢ゼロの冷え性改善食生活を始めませんか。

さらに細かい食事法については「食事のプロが伝える末端冷え性の原因と3つの対策」をご覧ください。

女性のあらゆる悩みを解消する食べ方、暮らし方の目からウロコの情報毎日メルマガで配信中!


本日も最後まで「食事のプロが伝える冷え性の改善につながる食べ物や飲み物」をお読みいただきありがとうございました。

こちらでお友達におすすめできます!

がんばらない時短クッキング

料理教室バナー(試作)

簡単!おいしい!目からウロコの料理術に触れてみませんか。今までの常識にとらわれない新しい発想が、新しいおいしさと、あたらしいあなたを作ります。

単に料理だけでなく、食を通して暮らす、輝いて生きるを提案するHappy Kitchenの料理教室。世界のグルメを体験し、国内外でのホームパーティ主催の経験と、5年間食のプロとして伝えてきた技を惜しみなく伝えます。

 

未来食ってどんな食事?

日本古来の和食の智恵と技がスタイリッシュに蘇り、あなたの新しい未来をつくる未来食として蘇りました。舌にも、カラダにも、心にも、地球にもおいしい未来食の心地よさをぜひ体感しに来てください。

あらゆる健康法を体験し、食に迷った私こばやしはつこが、やっと辿り着いたグルメと健康が両立する癒しの食を、わたしのストーリーとともにお伝えします。

8種類の雑穀を使ったおいしい試食をご用意してお待ちしております。
%e4%bd%93%e6%84%9f%e4%bc%9a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です