食事のプロが伝える末端冷え性の原因と3つの対策

キッチンから笑顔をつくる未来食セミナー講師、雑穀ベジグルメサロンHappy Kitchen代表 つぶつぶマザーはつこです。

前回「食事のプロが伝える冷え性の改善につながる食べ物や飲み物」では、その原因であるカラダを温める食べ物とカラダを冷やす食べ物について書かせていただきました。

わたしも食べ物の性質とカラダのしくみをまず知ることで、なぜ冷え性になるのか、その原因と対策を知ることができました。そして食生活を改善し、末端冷え性から冷え知らずに華麗に変身できました。今回は「末端冷え性の原因と3つの対策」食の観点からもう少し詳しくお話ししたいと思います。

末端冷え性の原因

末端冷え性対策をするには、まずその原因を理解する必要があります。末端冷え性は、カラダの末端まで血液が行き渡らないことが原因で起こります。その細い原因としては下記のいくつかが挙げられます。

1)カラダの別の臓器が弱っているため、そこに血液が集まり末端まで届ける余裕がないことが原因
2)血液を送り出す力が弱く、末端まで血液が届かないのが原因
3)血液がドロドロしていて、末端まで届きにくいのが原因

この中で3)の原因を改善すれば、2)や1)の原因も必然的に改善していきます。つまり、血液の質を向上させるための対策をすれば、末端冷え性の原因は改善できるようになります。

では、どうやって血液の質を向上させ末端冷え性を改善させていったらよいのか、その3つ対策を見てきます。

末端冷え性は真の健康手に入れるチャンス

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%92%e3%81%a4%e3%81%8b%e3%82%80

血液は弱アルカリ性であればサラサラしていますが、血液が酸性に傾くとドロドロになります。血液の質が血流の原因となり、冷え性の原因となります。植物と異なり、人間の排泄物は全て酸性です。人間は生きている限り酸性の排泄物を出すというカラダのしくみになっています。ですから、血液が多少酸性に傾いてもカラダの基本解毒力で血液を酸性に傾けドロドロになることを避けることができます。ですから、普通に暮らしていれば、血液がドロドロになり末端まで届きにくくなり末端冷え性になってしまうこともありません。

しかし、この解毒力を超えると血液はドロドロになり、末端冷え性だけでなく、あらゆる病気の原因となります。末端冷え性は単なるひとつの症状にすぎず、そのまま放っておくと、他の病気に発展していく危険性を含んでいます。末端冷え性はカラダが「もうちょっとカラダのこと考えてよ〜」というサイン。そのサインを見逃さずにきちんと対策を講じれば、末端冷え性を克服するだけでなく、全てのカラダの不調の対策になり、真の健康を手に入れることができる大きなチャンスなのです。

現在のわたし達を取り囲む環境は、人間のカラダができた時代とは大きく異なります。環境汚染が進んでいます。食べ物も今まで自然界には存在していなかったような、工場で作られるような食べ物や飲み物であふれています。この環境汚染や食汚染そのものが、末端冷え性の原因とも言えるのです。

サラサラ血液にして末端冷え性対策

%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%82%b5%e3%83%a9%e5%b0%8f%e5%b7%9d

血液を酸性に傾ける原因はいくつかあります。

1)環境汚染などによる空気汚染が原因のドロドロ
2)ストレスが原因のドロドロ
3)食べ物が原因のドロドロ

この中で1)と2)への対策はいますぐできません。汚染された空気を掃除機で吸い取るわけにいかなし、ストレスも意識して変えられるものでもありません。ストレスを感じないように意識することがかえってストレスの原因にもなりかねません。

これに対して3)の原因の対策はすぐできます。血液がドロドロにならない食べ物を食べることは、今日からでも今すぐ、そして誰でもその方法を知りさえすれば、すぐに対策を講じることができます。

末端冷え性の対策

今までみてきたように「血液がサラサラになるような食べ物」を食べることが末端冷え性の効果的ですぐできる対策となります。血液をサラサラにする食べ物といってもピンとこないかもしれませんが、現代の食生活の中で食べられているもののほとんどが血液をドロドロにする食べ物です。具体的には動物性食品、化学物質、添加物などです。特に大型畜産、そして加工度や精製度が上がると血液をドロドロにする作用が強くなります。

反対に血液をサラサラにする食べ物は、なんと二つしかないんです。それは「塩」と「植物」なのです。塩と植物なしで、動物性食品や添加物の入った食品を食べていたのでは、血液はドロドロになり、末端冷え性、そしてその他の病気に繋がっていきます。だから、今の減塩ブームは実は危険なんです。末端冷え性対策には、減塩ではなく適塩が必須です。塩の摂取と高血圧の関係が気になる方は「高血圧の原因を食事の献立で改善できる」をお読みください。

ただし、血液をサラサラにする作用があるからと言って、末端冷え性の対策として野菜ばかり食べるのもよくありません。血液がサラサラになるのは血液が弱アルカリ性になるからであって、野菜ばかり食べていたのでは、アルカリ性に偏りすぎてしまいます。また、野菜はカラダを冷やす作用があるので、末端冷え性の対策にならないばかりか、その原因にもなりかねないのです。

わたしは野菜の食べ過ぎと減塩で末端冷え症になりました。健康対策として行った食の転換が原因でカラダを壊してしまったのです。詳しくは「プロが教える妊婦が妊娠中に食べてはいけない食べ物」をご覧ください。カラダのしくみと食べ物の性質をきちんと学び、血液のアルカリ度を乱さない穀物を中心とし、しっかりと塩分も摂取する「未来食つぶつぶ」で、末端冷え症があっという間に解消しました。本当に今では自分が末端冷え症だったことも不思議なくらいです。寒い冬でも夜足が冷たくて寝れないということもなくなりました。塩をしっかり「おいしい」と感じるまで補給して、穀物が主役の植物性の食生活が、末端冷え症の対策になり、カラダの機能低下という根本原因を改善してくれたのです。

つまり、末端冷え性の3つの対策とは

1)ごはんをしっかり食べる。穀物が全体の食事の量の7割ほど。微量栄養素が豊富でカラダを温める作用も強い雑穀入りのごはんを主食として食べましょう。

2)塩は「おいしい」と感じるまでとりましょう。

3)発酵食品、発酵調味料を上手に使いましょう。日本の伝統発酵調味料や発酵食品は、カラダを温めながら腸内環境を整えてくれる日本が誇るスーパーフードです。

この3つの対策のポイントを押さえた食生活をしていてれば、末端冷え性の原因でもある血液の質は向上し、カラダを冷やしすぎないバランスのとれた血液を作り、カラダそのものも芯からあっためてくれます。

この3つの対策をのポイントを押さえた食事って、日本の伝統的食生活ですよね。実は、ごはん、味噌汁、副菜、漬物、といった日本の伝統的食生活は、末端冷え症を対策になり、健康に生きていくための最高の食事なのです。

でも、毎食それじゃ、今の多様化した現代食生活においては魅力が足りません。そこでHappy Kitchenが提唱している「未来食つぶつぶ」では、日本の伝統的食生活を現代版に翻訳した新しいグルメ料理がいっぱいです。雑穀を使うことでハンバーグやナゲットなどのおかずが作れちゃうんです。おかずを食べている感覚なのに、ごはんを食べているというマジック!この食生活でカラダの根本的不調の原因を改善して、楽しく末端冷え症対策にも、健康対策しませんか。未来食つぶつぶ料理がどんな料理かはコチラをご覧ください。

カラダの力そ阻害する間違った末端冷え性対策


今まではカラダの力を引き出して、末端冷え症を改善またはその対策でした。でも、末端冷え症になると、カラダが冷えて冷えてしょうがないので、手っ取り早くできる対策として、冷えないように厚着をする、という対策が考えれらます。このブログをお読みの方にも、冬だけでなく夏でも、靴下を何枚も履いて冷えないようにしたり、手首、足首、お腹を冷やさないような対策をしてか、カラダ全体を冷やさないようにしている方もいらっしゃるかもしれません。

確かに冷えてしまっているカラダを何の対策を講じることなく放置するのは良くないのですが、だからといってカラダの中から温めることをしないで、カラダの外からだけ温めでも末端冷え症の改善にも対策にもなりません。カラダの本来持っている温める力を引き出すような、サラサラな血液を作る食べ物を摂ることが何よりの対策なのです。

そして前回のブログでお伝えしたように、冷えないカラダを作るのは、温かい血液です。そして食べたものが腸で血液になるので、食べ物の質が血液の質になり、温かい血液を作るためには、カラダを温める作用のある食事をすればよいのです。(詳しくは前回のブログをお読みください)

また、これも前回のブログでご紹介しましたが、カラダを一時的に温める「生姜」「唐辛子」などは、実はカラダを冷やす食べ物なので、末端冷え性の対策にならないどころか、原因にもなりかねません。特に末端冷え症の人がその改善や対策のために毎日せっせと飲むとカラダはどんどん逆に冷える原因になります。カラダをすぐ温め、しかも血液自体を温めてくれるのは「味噌汁」、ほうじ茶に醤油を入れた「醤油番茶」「梅しょう番茶」(レシピはこちらのブログから)、米と麹でできた砂糖の入ってない甘酒(塩をひとつまみ入れて飲むのがポイントです)です。きっとカラダが本当に冷えている場合には美味しく感じるはず。そしてすぐにカラダの中からポカポカしていくのを感じるはずです。ぜひやってみてくださいね。

冷え性、便秘、肌荒れなどを楽しく楽チンに解消するコツ、料理上手が生き方上手につながるお役立ち情報を無料でメルマガにて毎日配信中!

女性のあらゆる悩みを解消する食べ方、暮らし方の目からウロコの情報毎日メルマガで配信中!

本日も最後まで「食事のプロが伝える末端冷え性の原因と3つの対策」をお読みいただきありがとうございました。ただいてありがとうございます。

こちらでお友達におすすめできます!

がんばらない時短クッキング

料理教室バナー(試作)

簡単!おいしい!目からウロコの料理術に触れてみませんか。今までの常識にとらわれない新しい発想が、新しいおいしさと、あたらしいあなたを作ります。

単に料理だけでなく、食を通して暮らす、輝いて生きるを提案するHappy Kitchenの料理教室。世界のグルメを体験し、国内外でのホームパーティ主催の経験と、5年間食のプロとして伝えてきた技を惜しみなく伝えます。

 

未来食ってどんな食事?

日本古来の和食の智恵と技がスタイリッシュに蘇り、あなたの新しい未来をつくる未来食として蘇りました。舌にも、カラダにも、心にも、地球にもおいしい未来食の心地よさをぜひ体感しに来てください。

あらゆる健康法を体験し、食に迷った私こばやしはつこが、やっと辿り着いたグルメと健康が両立する癒しの食を、わたしのストーリーとともにお伝えします。

8種類の雑穀を使ったおいしい試食をご用意してお待ちしております。
%e4%bd%93%e6%84%9f%e4%bc%9a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です