高血圧の原因を食事の献立で改善できる

おもてなし雑穀料理で未来を変え未来食セミナー講師、雑穀ベジグルメサロンHappy Kitchen代表つぶつぶマザーはつこです。

高血圧の原因といえば「塩」というのが一般的になっていますが、実はその科学的根拠はないんです。逆に、減塩が高血圧の原因となっているとも言われています。そこで今日は、高血圧の原因を食事の献立で改善する方法をお伝えしたいと思います。

減塩献立で高血圧は改善するのか

塩

高血圧の原因といえば「塩の取りすぎ」。高血圧の予防や改善に食事は減塩にしているという方も多いのではないでしょうか。そして今や「減塩」は高血圧の予防、改善のためだけでなく、一般的健康のためといって、日本中で減塩が当たり前になっています。では、塩が高血圧の原因である、と言われるようになったのはなぜなんでしょうか。

塩が高血圧の原因になるという根拠

その発端となったのが1953年のアメリカの高血圧学者のメーネリーが行ったネズミを使った実験です。ネズミに6ヶ月間、毎日、通常の20倍にあたる20−30gの食塩を与え、さらに飲み水にも1パーセントの食塩を加えて飲ませる実験です。人間に換算すると、一日200gの食塩を40年間にわたって食べさせた計算になります。

その結果、10日匹のうち、4匹が高血圧になったというのです。

この結果が塩が高血圧の原因という説が出来上がったキッカケです。でも、みなさんはこの結果を見てどう思われますか?10匹のうち、4匹が高血圧になったといっていますが、逆にいえば、こんな通常ではあり得ない量の塩を摂取しているにもかかわらず、10匹のうち6匹は高血圧にならなかったことを証明しています。

塩と高血圧因果関係の脆弱性

つまり、この実験結果は「高血圧と塩は無関係」であり高血圧の原因にはならない、ということを証明しているとも言えるのです。その後も高血圧の原因が塩であるということを直接的に示す研究結果はでていません。

それどころか、「高血圧の原因は塩ではない」という研究結果がでています。高血圧研究の世界的権威である、名古屋市立大学教授の青木久三先生は、メーネリーの実験を受けて、追実験を行い、遺伝性の高血圧のネズミには、食塩の摂取と血圧には関係がないこと、かなり高塩分でも水を十分に飲み、尿を排泄できる能力があれば血圧は上昇しないこと、を証明しました。これで、メーネリーの説は完全に覆されているのです。

それ以外にも、東北地方など塩をたくさん摂取する食事をする地域で、高血圧の人が多い、という調査から高血圧の原因を塩である、という見解もあります。しかし、これも塩と高血圧の直接の因果関係を示すものではありません。塩を多く取る食事をしているという以外の要因が排除されているわけではないからです。

このように、高血圧の原因が塩である、ということが科学的に立証されていないことを今ここで色々あげても、みなさんの疑いが晴れるものではないかと思います。そこで、実際に減塩をやめて、高血圧の原因を食事の献立で改善した方々の体験談を見てください。

高血圧の原因を食事の献立で改善体験談

波

<<管理栄養士・荒井知子さんの場合>>

管理栄養士の荒井知子さん。管理栄養士という職業がら、以前は高血圧の人は症状改善のために、減塩の食事献立を紹介していました。しかし、実はご自分も高血圧。そしていくら減塩の食事献立でも高血圧が改善していない、というジレンマを抱えてらっしゃいました。

そして、ある時「未来食つぶつぶ」に出会い、塩をしっかり摂取する食事献立でも、高血圧の原因にならない、ということを知り、ご自身も減塩食事献立から一変、塩をしっかり摂取するように食生活を改善しました。すると、いくら減塩食事献立でも下がらなかった「160↑/110↑」の血圧が「130/95」程度に下がったそうです。この結果は塩が高血圧の原因でなかったことだけでなく、塩をきちんと摂取することによって、高血圧を改善することができることもしめしています。

さらに、肩こり、眼の奥の痛み、頭痛も解消。今では塩をしっかり取る献立で高血圧を改善したご自身の経験を生かして、埼玉で「つぶつぶ料理教室 はれ*はれ」を主宰していらっしゃいます。

<<はやしりえさんの場合>>

血液検査の結果が悪く、医師から炭水化物と塩分を減らす食事献立をするような栄養指導をされたものの、自分の感覚を信じて、それとは真逆の雑穀ごはんをしっかり食べて、塩も自然塩をしっかり摂取する食事献立を続けていました。すると、その後の検査の結果に、先生もびっくり。数値が改善されていたのです。彼女もまた、外の情報に左右されずに自分のカラダの声を信じて食べる「未来食つぶつぶ」に惹かれ、現在金沢で「料理deエステ kitchen L’Allure キッチン らりゅーる」を主宰されています。

りえさん血液検査結果

<<Mさんの場合>>

料理教室に参加してくださって1年以上が経つMさん。旦那様が高血圧なので最初は塩分を気にしていたけれど、Happy Kitchenで料理教室やセミナーに参加していくうちに、塩がカラダにとって必要なものであるということを実感。今は塩分を気にせずに「おいしい」と感じる量の塩を入れた料理献立を毎日の食事にしています。

そうしたら、3ヶ月後たってもご主人の血圧の上昇は全く見られませんでした。これは塩が血圧を上げる原因となるわけではないことを証明していますよね。今後この食生活で、ご主人の血圧が先の荒井さんのように今度は改善していくのかが楽しみです。

体験談から見える高血圧と塩の本当の関係

3名の体験談を見ても、高血圧の原因は食事で改善しようと思って減塩することに効果が見られないことがわかりますよね。しかも、減塩せずに、塩をきちんと摂取することが高血圧を改善してくれることをあらわしています。

私たちは、メディアなどで流れてくる情報に時には何の疑問も持たずに信じていることがたくさんあります。みんながそう思っているから、真実に違いない、と。でも、それらが全て正しいとは言えないのです。あなたが塩と取りすぎが高血圧になると思っていた時に、目の前に全く正反対の体験をした人がいたら、それを無視せずに、事実をありのままに受け取ってほしいと思います。そしてもし、あなたや、あなたの身近な人が高血圧で悩んでいるのだとしたら、固定観念を捨てて、これからご紹介する食事の献立を試してみてください。

カナダのマックスター大学の研究結果では、減塩で死亡率が増加するということも報告されています。情報に振り回されず、実際の自分のカラダの感覚と五感を通して、情報を選択していただけると嬉しいです。私がブログなどで紹介していることは、すべて私自身が体感していることを元にしているのです。

高血圧の本当の原因

高血圧患者は作られている?

血圧は人によって異なります。体格や血管の太さ、心臓の大きさの違いなどで血圧は左右され、個人差があるはずです。では、そんな個人差がある中で、どうやって高血圧と診断する基準を決めているのでしょうか。

1970年代には、WHO(世界保健機構)は最高血圧150を基準値としていました。ところが、日本高血圧学会は2000年に140に、さらに現在では130に診断基準を引き下げているのです。ということは、20年前だったら高血圧と診断されない人が、現在では高血圧と診断され、減塩食事献立を指導されるのです。これっておかしくありませんか?

まるで、高血圧患者を作りたがっているようです。本人に全く自覚症状がない(もちろん数年前だったら正常な血圧と診断されていた人ですから自覚症状があるはずもありません)のに、高血圧と診断され、食事指導だけならまだしも、降圧剤を処方されるのです。これではまるで薬を売るために病気が作られているようです。

また、年をとるにつれ血管の筋肉が硬くなり血圧が高くなります。これは正常な老化現象のひとつです。高血圧の診断基準が引き下げられ、老化現象による血圧の上昇を加味されずに、高血圧患者がどんどん作られれいるのです。医師や栄養士から減塩の献立指導が入たら、それを鵜呑みにする前に、自分が高血圧なのかどうかを確認する必要もありそうですね。

高血圧の根本原因は血液の汚れ

高血圧の根本原因は、血のめぐりになんらかの障害があるからです。この血液が脂肪や老廃物質で汚れていれば、スムーズに流れづらくなり、高血圧の原因となります。また、血管の内側に余分な脂肪やコレステロールが沈着すると、血管が狭く硬くなり、血液の流れは悪くなり、これもまた高血圧の原因となります。

血液のめぐりが悪くなれば、心臓はなんとか血液を全身の細胞に送り届けようと頑張るので血圧が上がるのです。ですから、血液の質という根本原因を解決するような食生活へ改善すれば、このようなことは起こりません。血液の質を高め、血管が血液が流れやすい綺麗な状態であれば、高血圧という状態は起こりにくいのです。

では、先ほどの3名はどうやって高血圧を改善していくことができたのでしょうか。

高血圧を改善する食事献立

簡単柴漬け

高血圧の根本原因が血液の汚れにあるのですから、綺麗な血液を作るような献立を日々の食生活に取り入れれば高血圧を改善することができます。綺麗な血液の状態とは、弱アルカリ性で、やや陽性(あたたかく)保つことが必要となります。弱アルカリ性で陽性の血液を保つために必要な食事献立は、①穀物を主食に、②アルカリ性の野菜と、③自然塩を組み合わせて料理し、④アルカリ性で腸を元気にする味噌や漬物などの発酵食品を常食するような食事献立にすればよいのです。これにより高血圧の根本原因、そしてすべての病気の根本原因である血液の汚れを改善しすることができるのです。

穀物を主食にする食事の献立にする。

穀物が日々の食事献立の全体の70%前後にします。だいたい乾燥したもので150-220gとなります。そのうち、栄養価も高く、抗酸化成分も多い雑穀を20%以上加えることで、更に効果が高まります。またお米は玄米にこだわる必要はありません。玄米よりも白米に雑穀を加えたごはんを日々の主食にする献立の方が、おいしく、また消化にも負担をかけないのでオススメです。

そして、主食とするごはんは、なるべく無農薬のものを選びましょう。農薬など化学物質は血液を汚す原因となるからです。

アルカリ性の野菜を副菜とする食事の献立にする

野菜は食事の全体の20%前後にします。1日400-500gがよいでしょう。野菜はできるだけ旬の安心な野菜で、生で食べるというよりは、火を通したものをメインにするのがよいでしょう。そして野菜を料理するときは「おいしい」と感じる塩加減です。塩分濃度1%を基準にするとよいでしょう。野菜も農薬を使っていないものを選ぶのがよいです。農薬は血液を汚す原因となるからです。

自然塩をきちんと使う

ここで自然塩と書きましたが、使う塩を選ぶことはとても大事です。塩化ナトリウ90%以上というような塩ではなく、ミネラルたっぷりの自然海塩を使ってください。このブログでもなんどもご紹介していますが、海の精の塩がミネラルバランスもよくおいしいのでオススメです。

そして塩加減の目安は「おいしい」と感じる程度です。②でも書きましたが、味噌汁でもなんでも、私たちは塩分濃度1%の塩加減をおいしいと感じるようにできています。ただし、体調や食材によって前後することがあるので、数値よりも自分の味覚を信頼してくださいね。ミネラルたっぷりの自然海塩であれば、たとえ取りすぎたとしてもカラダはきちんと余剰分は排出してくれるので、安心しておおらかに進んでください。

発酵食品が常食できるような食事献立にする

発酵食品、発酵調味料はアルカリ性です。料理に使うことで食事をアルカリ性にし、血液の質を改善してくれます。毎食漬物を、そして1日に1回海藻入りの味噌汁を組み込んだ献立が血液をアルカリ性に改善し、高血圧の原因を改善することができるでしょう。この時の漬物選びも要注意。きちんと自然海塩を使った漬物を選びましょう。スーパーなどで普通に売られている漬物は減塩することによって、添加物漬けの調味液に使った「にわか漬物」が多いので注意が必要です。このような偽ものでは、血液の質を改善することはできず、逆の高血圧の原因になってしまいます。

また、発酵食品と言って真っ先に献立に組み込みたくなる「ヨーグルト」ですが、乳製品は血液を汚す原因となる恐れがあります。寒冷地、乾燥地の食べ物であるヨーグルトは、高温多湿でカビの生えやすい日本で常食するのはむいていません。ヨーグルトを食べるなら、日本発祥の発酵食品である漬物や甘酒(酒粕を砂糖で溶いたものでなく、米と麹で発酵させた甘酒)が日本人の腸にはあっており、綺麗な血液へと改善してくれます。

特別なものを食べたり、特別なことをしなくても、日々の食事の献立が血液を汚すようなものをできるだけ避け、血液を綺麗にするものを食べていれば、高血圧を気にする必要はありません。またそもそも、あなたは高血圧の基準値が下げられたことによって高血圧と診断されてしまっただけのことかもしれませんから。

日々、おいしさを基準にした海のミネラルたっぷりの自然海塩を摂取し、ごはんを主食としてきちんと食べ、味噌汁を飲み、旬の野菜を適量食べるという、今まで私たちの先祖たちがしてきた献立で、日々の健康を得ることができますよ。

巷で健康によいと言われていることが、必ずしも正しいとは限りません。そんなことをメルマガで配信しております。

高血圧の原因を食事の献立で改善できる方法について書かせていただきましたが、本日も少しでも皆様があらゆる食の間違った情報に流されず、カラダの声を聞くお手伝いができたら幸いです。本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

参考文献:「日本人には塩が足りない」東洋経済新報社 村上譲顕
「発酵遺産」花書院 三好基晴 河名秀郎
「つぶつぶクッキングSTARTBOOK」メタブレーン ゆみこ

こちらでお友達におすすめできます!

がんばらない時短クッキング

料理教室バナー(試作)

簡単!おいしい!目からウロコの料理術に触れてみませんか。今までの常識にとらわれない新しい発想が、新しいおいしさと、あたらしいあなたを作ります。

単に料理だけでなく、食を通して暮らす、輝いて生きるを提案するHappy Kitchenの料理教室。世界のグルメを体験し、国内外でのホームパーティ主催の経験と、5年間食のプロとして伝えてきた技を惜しみなく伝えます。

 

未来食ってどんな食事?

日本古来の和食の智恵と技がスタイリッシュに蘇り、あなたの新しい未来をつくる未来食として蘇りました。舌にも、カラダにも、心にも、地球にもおいしい未来食の心地よさをぜひ体感しに来てください。

あらゆる健康法を体験し、食に迷った私こばやしはつこが、やっと辿り着いたグルメと健康が両立する癒しの食を、わたしのストーリーとともにお伝えします。

8種類の雑穀を使ったおいしい試食をご用意してお待ちしております。
%e4%bd%93%e6%84%9f%e4%bc%9a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です